芦ノ湖温泉

小田急 山のホテル 大浴場

元箱根 芦ノ湖温泉標高725メートル。芦ノ湖の南畔、元箱根から国道1号線沿いに関所を越えて箱根へと1.5キロメートルほどにまたがる地域を芦ノ湖温泉と呼びます。

「富士山が見える場所には温泉は湧かない」というジンクスがありましたが、1966年(昭和41年)駒ヶ岳の東・湯ノ花沢温泉からの引き湯により開湯しました。芦ノ湖畔の「山のホテル」では、2006年(平成18年)に地下約1,000メートルから掘り当て、芦ノ湖温泉随一の自家源泉となりました。

箱根で2番目に新しい温泉場で、箱根のシンボルでもある芦ノ湖畔の景色の美しさに加え、箱根の関所や箱根神社、恩賜箱根公園、杉並木などの歴史的遺産にも恵まれています。箱根芦ノ湖成川美術館、箱根駅伝ミュージアムなどの見どころもたくさん。元箱根港、箱根町港には海賊船が行き来し、逆さ富士など富士の絶景が望める、箱根山を代表する温泉地のひとつです。

【泉 質】単純温泉、単純硫黄温泉

【効 能】神経痛、関節痛、動脈硬化症、慢性皮膚病

【源泉総数】1

【泉 温】70~80℃

【湧出量】800~900 ℓ/分

【pH値(平均値)】6.3

【ホームページ】芦ノ湖温泉旅館組合

小田急 山のホテル
芦ノ湖畔に佇む「小田急 山のホテル」。箱根のターミナル地点ともいえる「元箱根港」に近い、芦ノ湖のリゾートホテル「山のホテル」を起点にした、箱根の周遊もおすすめです。
 
» 小田急 山のホテル「芦ノ湖温泉 つつじの湯」のご案内

※2015年4月時点の情報です。情報は変更になる可能性がありますので、事前にご確認ください。

コメントは受け付けていません。