強羅温泉

強羅温泉(イメージ)

強羅(ごうら)温泉は、箱根登山鉄道強羅駅下車。強羅温泉は、1919年(大正8年)の箱根登山鉄道の開通から箱根の温泉場の仲間入りをしました。
大正期には政財界人や文人の別荘地として栄えてきました。歴史を感じさせる温泉地で、今なおその遺構が残っています。1894年(明治27年)、早雲山からの引湯によって始まり、明治末期から開発は本格化。1952年(昭和27年)に初めて温泉堀削に成功して以来数多くの温泉が掘り当てられ、源泉ごとに泉質は多様です。

明星ヶ岳を一望できる景観、軽登山に適した地形など、その特徴的な勾配も相まって強羅の魅力を形作っています。

強羅温泉は箱根で一番標高の高い内輪山の神山、北東の斜面に位置し、外輪山の明星ヶ岳(大文字山)を正面に見る温泉の豊富な「坂と温泉」の街です。
ゴーラという名前の由来は、早雲山の山裾にひろがる強羅は、岩石の堆積で出来た傾斜地であり。石がごろごろしているからという説や、梵語(ぼんご・サンスクリット)で「石の地獄」という意味から取ったともいわれています。

箱根外輪山の一つ「明星ヶ岳」に見える大きな「大」の字。毎年8月16日の夜には「箱根大文字焼き」で「大」の字が大きな炎で描かれます。旧盆の送り火として、地元の人たちの手によって2ヶ月も前から準備が行われます。数ある箱根の夏祭りの中でも、有名なお祭りの一つです。

“登山電車の終着駅”“ケーブル線の始発駅”また「箱根施設めぐりバス」が交わる唯一のターミナルとしてアクセスの良さや箱根の中心に位置した観光の拠点として便利です。

【泉 質】造成温泉:カルシウム-硫酸塩泉(石膏泉)ほか、ボーリング孔温泉 ほか

【効 能】神経痛、関節痛、痔疾、高血圧症、動脈硬化、糖尿病、痛風 など

【源泉総数】30

【泉 温】30~93℃

【湧出量】3,039 ℓ/分

【pH値(平均値)】7.7

※2015年4月時点の情報です。情報は変更になる可能性がありますので、事前にご確認ください。

コメントは受け付けていません。