小涌谷温泉

小涌谷温泉(イメージ)

小涌谷温泉は、湯煙が立ち上る「大地獄(大涌谷)」に対し、「小地獄」と呼ばれていました。明治天皇が行幸された1873年(明治6年)に小涌谷と改名され今に至ります。
この地域は古くは底倉村の共有地だったのですが、箱根への交通網が急速に発展し始めた1877年(明治10年)、横浜の実業家・榎本猪三郎たちによって温泉場として開発され始めました。昭和に入り温泉開発が加速され、湯温や泉質の異なる多種の源泉が湧き出しました。

明治16年(1883)に榎本猪三郎・恭三親子が開業した三河屋旅館には、歌人の与謝野寛・晶子夫妻も逗留し、名湯としての歴史を刻み始めました。

箱根山の中腹に位置し、その標高は600m。大正時代には財閥の別荘が建てられ、昭和に入ると箱根における大型ホテルができあがり、この小涌谷温泉を大きく発展させました。
歴史ある旅館が残っているだけでなく温泉を楽しむ施設も開設され、老若男女問わず人々を癒す温泉地です。

小涌谷には「蓬萊園」や「千条の滝」といった観光名所があります。「蓬萊園」では毎年5月に「小涌谷温泉つつじフェア」が開催されています。「千条の滝」は切り立つ岩肌から細い糸状の滝が流れ落ち、水量の豊かな季節にはその音と共に癒しを感じる風景を楽しむことができます。

【泉 質】アルカリ性単純温泉、 単純温泉、ナトリウム-塩化物泉(弱食塩泉)、ナトリウム-塩化物・硫酸塩・炭酸水素泉(含芒硝重曹弱食塩泉)

【効 能】筋肉痛・きりきず・やけど・虚弱体質・疲労回復・健康増進 など

【源泉総数】22

【泉 温】40~96℃

【湧出量】1,819 ℓ/分

【pH値(平均値)】8.6

※2015年4月時点の情報です。情報は変更になる可能性がありますので、事前にご確認ください。

コメントは受け付けていません。