宮ノ下温泉

宮ノ下温泉(イメージ)

標高約420m、室町時代に自然湧泉が初めて発見され、江戸時代には湯治場として発展してきた宮ノ下温泉。
宮ノ下温泉が大きく脚光を浴びるようになったのは、19世紀半ばに横浜が開港以降。当時、横浜の居留地に留め置かれていた外国人は、自由に旅することは許されていませんでしたが、箱根までは何とか許可を得ることができ、馬やチェアと呼ばれる椅子型のカゴに乗ってやってきました。外国人がさらに訪れるようになるのは、明治11年(1878)に当時創業の藤屋(現在の富士屋ホテル)が開業されてから。同ホテルは外国人専用ホテルとして、国際観光地箱根と称されるその第一歩はここから始まりました。
各国の著名人が数多く宿泊し、今もなお、ホテルだけでなく道路沿いの店の看板や外装にその当時の趣きが残っています。

宮ノ下の地名は、熊野神社のお宮の下に開けたことに由来し、熊野は「ゆや」とも読み、「湯屋」つまり温泉の神様として古くから信仰されてきたのです。箱根山の様々な所に熊野神社があります。また、旧底倉村の鎮守が祀られた箱根神社もあります。

「ノスタルジック」と表現される事の多い宮ノ下。今に残る古い街並みや昔のままに営業をしているお店の1軒1軒、ゆっくりと時間をかけて楽しみたい温泉地のひとつです。

【泉 質】単純温泉/アルカリ性単純温泉/ナトリウムー塩化物泉

【効 能】
神経痛、リウマチ、筋肉痛、疲労、冷え性、切り傷、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病、虚弱体質、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、疾後回復期、疲労回復、健康増進など

【源泉総数】21

【泉 温】24~96℃

【湧出量】1,999 ℓ/分

【pH値(平均値)】8.2

【ホームページ】箱根宮ノ下商店会

※2015年4月時点の情報です。情報は変更になる可能性がありますので、事前にご確認ください。

コメントは受け付けていません。