箱根十七湯の温泉

湯ノ花沢温泉 姥子温泉 宮ノ下温泉 芦ノ湖温泉 蛸川温泉 芦ノ湯温泉 湯本温泉 塔之沢温泉 太平台温泉 堂ヶ島温泉 底倉温泉 木賀温泉 強羅温泉 仙石原温泉 宮城野温泉 二ノ平温泉 小涌谷温泉

江戸時代から東海道の宿場町として繁栄し、にぎわっていた、湯本・塔ノ沢・宮ノ下・堂ヶ島・底倉・木賀・芦之湯を「箱根七湯」と呼び、明治から昭和にかけての温泉開発により湧いた温泉、大平台・小涌谷・強羅・宮城野・二ノ平・仙石原・姥子・湯ノ花沢・蛸川・芦ノ湖を加えて「箱根十七湯」と言います。その名の通り17箇所に泉質の違った温泉があり、アルカリ性単純温泉、食塩泉(ナトリウム-塩化物泉)、石膏泉(カルシウム-硫酸泉)など約20種類に及びます。温泉の湧出量は箱根全山十七湯から1日2万5千トンといわれ、全国第5位を誇り、宿泊施設数・収容定員数・宿泊利用人員数のすべてで日本一となり、古くから温泉地イコール観光地として発展、観光資源に恵まれた箱根はそのリーダー的役割を果たしてきました。

箱根十七湯

湯本温泉
箱根の玄関口、湯本温泉は十七湯の中でも最も古く歴史を持ち、箱根で一番大きく日帰り温泉施設や共同浴場も多い温泉街です。

・・・・「湯本温泉」紹介ページはこちら

塔之沢温泉
江戸時代の初期に発見された温泉で“静かな山間の温泉地”という言葉が似合う塔ノ沢は、清らかな水の流れる風景や四季の花が咲く小径など、散策も楽しみたい場所です。

・・・・「塔之沢温泉」紹介ページはこちら

大平台温泉
冷たく清らかな水と花のあふれる里「大平台」。温泉地としてのスタートは1951年。宮ノ下から温泉が引かれ、その後大平台でも源泉が掘られました。

・・・・「大平台温泉」紹介ページはこちら

堂ヶ島温泉
宮ノ下付近の国道1号線から早川の渓谷へ下った所にあるのが堂ヶ島温泉です。渓谷の美しさとともに野趣あふれ湯を楽しむ事が出来ます。

・・・・「堂ヶ島温泉」紹介ページはこちら

宮ノ下温泉
室町時代に自然湧泉が初めて発見され、江戸時代には湯治場として発展してきた宮ノ下温泉。「ノスタルジック」と表現され、町の趣も温泉も、ゆっくりと時間をかけて楽しみたい温泉地です。

・・・・「宮ノ下温泉」紹介ページはこちら

底倉温泉
江戸時代から七湯の一つに数えられる、川底に涌く白い湯の温泉です。「温泉療養センター」の先駆けとして発展した歴史もあります。

・・・・「底倉温泉」紹介ページはこちら

二ノ平温泉
二ノ平温泉は、昭和38年(1963年)に開湯されました。「箱根十七湯」の中でも比較的新しい温泉地で、元々は近隣の温泉場で働く人々の休養の場だったと言われています。

・・・・「二ノ平温泉」紹介ページはこちら

小涌谷温泉
小涌谷温泉は、湯煙が立ち上る「大地獄(大涌谷)」に対し、「小地獄」と呼ばれていました。明治10年(1877年)より温泉地としての開発が始まり、湯温や泉質の異なる多種の源泉が湧き出しました。

・・・・「小涌谷温泉」紹介ページはこちら

木賀温泉
木賀(きが)温泉は、宮ノ下温泉に近く、箱根七湯の中で二番目に長い歴史を持つ。早川の渓谷にのぞみ、新緑や紅葉の季節は特に美しい温泉場です。

・・・・「木賀温泉」紹介ページはこちら

強羅温泉
強羅温泉は、大正8年(1919年)の箱根登山鉄道の開通から箱根の温泉場の仲間入りをしました。歴史を感じさせる温泉地で、今なおその遺構が残っています。

・・・・「強羅温泉」紹介ページはこちら

宮城野温泉
宮城野温泉は、昭和33年(1958年)頃から、木賀や強羅からの引き湯を利用して始まりました。昭和40年(1965年)に明神ヶ岳のふもとから温泉が湧出し、以降保養所や寮が建てられるようになりました。

・・・・「宮城野温泉」紹介ページはこちら

仙石原温泉
元文元年(1736年)に大涌谷からの引き湯によって始まり、湯治場として発展してきました。現在も大涌谷と姥子からの引き湯を主に、各旅館やホテルに供給されています。

・・・・「仙石原温泉」紹介ページはこちら

姥子温泉
姥子(うばこ)温泉は、街道筋から外れた神山の北西にあり、開湯は約800年前。金太郎こと坂田金時が、母親である山姥(乳母とも)に連れられてこの地に来て眼の傷を癒したと伝えられ、温泉名はこの伝承に由来します。

・・・・「姥子温泉」紹介ページはこちら

蛸川温泉
駒ケ岳を背景に芦ノ湖畔の箱根神社北側から九頭龍神社近くまでに広がる一大リゾート、箱根園周辺が蛸川(たこがわ)温泉です。

・・・・「蛸川温泉」紹介ページはこちら

芦ノ湖温泉
1966年(昭和41年)に開湯した、芦ノ湖畔の元箱根にある温泉です。湯ノ花沢温泉からの引湯で誕生した温泉であるが、現在は自家源泉を持つ施設もあります。

・・・・「芦ノ湖温泉」紹介ページはこちら

芦之湯温泉
芦之湯温泉は寛文2年(1662年)に湿原が開拓され、現在の温泉場としての歴史が始まりました。古くより、様々な病を癒す湯治場として多くの人々に愛されてきた温泉地です。

・・・・「芦之湯温泉」紹介ページはこちら

湯ノ花沢温泉
駒ヶ岳の中腹の標高950m、箱根十七湯の中でも一番の高所にある温泉。1890年(明治23年)頃から自然湧泉を利用した露天風呂が作られましたが、現在は火山性蒸気を温泉に変えて周辺地域に引湯するのみで、自然湧泉は利用されていません。

・・・・「湯ノ花沢温泉」紹介ページはこちら

コメントは受け付けていません。