箱根神社

箱根神社

箱根神社は、奈良時代、天平宝字元年(757年)に、箱根大神の御神託(ごしんたく)により万巻(まんがん)上人が創建。関東総鎮守箱根大権現として尊崇され、緑豊かな木々に囲まれたパワースポットでもあります。
開運厄除、交通安全、心願成就、商売繁盛、縁結びなどに神徳の高い神として信仰される神社です。
 
御本殿に向かう参道の両側には、樹齢6〜8百年を超える老杉の並木がそびえて森厳なたたずまいを見せ、朱塗りの権現造りの社殿の背後には、天然記念物ヒメシャラの純林が広がり、眼下に広がる権現御手洗の池である芦ノ湖には、朱の鳥居と霊峰富士を映し、雄大な自然のパワーを感じとれます。
宝物殿には国の重要文化財に指定されている万巻上人坐像をはじめ、箱根神社1253年に亘る歴史を物語る宝物が多数陳列されております。
正参堂の正面に雄大にそびえる「矢立杉(やたてすぎ)」は、神奈川県の名木100選にも指定され、所願成就・心願成就の御神徳として祭られております。征夷大将軍、坂上田村麻呂が東北鎮撫に向かう際、戦勝祈願のために箱根で矢を立て、見事平定を果たしたことから、後の武将も矢を神前に献上してきたことが由来と言われています。
箱根神社御神殿の東側に位置する「安産杉」は、名前の通り安産や子孫繁栄を祈る子授けの神木として雄大にそびえています。幸運の木とされ、いつのころからか、根っこが二股に分かれたこの大杉を健全な母胎のように見たて、子孫繁栄や安産を祈願するようになったのです。北条正子もこのご神木に祈願して、頼家と実朝のふたりを授かりました。
そして、縁結びのパワースポットとして人気の高い、芦ノ湖湖畔に立つ九頭龍神社。箱根神社には、その九頭龍神社の“新宮”が隣接しており、毎月13日にはここでも九頭龍神社月次祭が開催されています。新宮に龍神水という霊水が湧き出ており、クリスタルなどの石の浄化や、ヒーリング効果も期待できます。
また、芦ノ湖水面に優雅に浮かぶ、大きな朱色の鳥居が、箱根神社平和の鳥居です。遠くからも見えるこの鳥居は、箱根神社の目印にもなるだけあり、近づいてみると、その赤さと大きさに驚くことでしょう。正参道の石段をまっすぐ降りたところに位置しています。
 
箱根は関東の山岳信仰の一大霊場であり、地域全体がパワースポットとして有名。特に芦ノ湖は、多くの神々が宿っていると古くから言い伝えられており、箱根神社内を歩くだけでも様々なパワーを感じられます。縁結びや安産、開運などのパワーが集結しているだけでなく、大自然に癒されるポイントとしてもオススメです。

箱根神社

【住 所】 〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1
【電 話】 0460-83-7123
【駐車場】 あり
【ホームページ】http://hakonejinja.or.jp/

小田急 山のホテル
箱根神社に隣接する「小田急 山のホテル」。箱根のターミナル地点ともいえる「元箱根港」に近い、芦ノ湖のリゾートホテル「山のホテル」を起点にした、箱根の周遊もおすすめです。
 
» 小田急 山のホテルの楽しみ方「ご滞在のお楽しみ」はこちら

※2015年4月時点の情報です。情報は変更になる可能性がありますので、事前にご確認ください。

コメントは受け付けていません。