箱根寄木細工

お土産「箱根寄木細工」

江戸時代末期、箱根畑宿に興った独特の工芸技術で、数多い有色天然木材が持つ色とりどりの木材の色彩と木目を生かしながら寄せ合わせ精緻な幾何学文様を作り出す、他に例を見ない日本でも屈指の木材の樹種の多い箱根独得の木工芸品です。
なお、箱根寄木細工は昭和59年5月に通産大臣(現 経済産業大臣)指定の「伝統的工芸品」に指定されました。
製品としては、文箱・引出し類・宝石箱・盆・菓子器・コースター・花器など、様々な木工芸品があります。
そして毎年開催される箱根の駅伝の優勝校だけが手にするトロフィーや、箱を開ける際のからくりが施してある秘密箱は有名です。
木材の自然な色合いと木肌が重要となる箱根寄木細工は、非常に多くの樹種を用います。

【色の系統別による主な木材】
■白色系■あおはだ、もちのき、しなのき、せん、みずき、まゆみ
■灰色系■ほおのき、さんしょうばら、あおはだのしみ
■淡黄色系■にがき、まゆみ
■黄色系■うるし、くわ、にがき、はぜのき、しなのき、モビンギ
■赤色系■ハドゥク(外材)、レンガス(外材)、ナトー、ブビンガ
■緑色系■ほおのき、はりえんじゅ
■茶色系■あかぐす、いちい、えんじゅ、かつら、くるみ、くすのき、くわ、けんぽ、なし、くす、けやき、さくら、しなのき、ちゃんちん、もっこく、たぶのき、ナトー、ウオールナット
■褐色系■かつら神代、けやき神代、ウォールナット(外材)、マンソニア
■黒色系■かつら神代、くり神代、コクタン、マンソニア、くろがき、コクタン(外材)
■紫色系■パープルハート

箱根寄木細工

[組合員]
 
■舘野工芸■ 〒250-0314 神奈川県足柄下郡箱根町畑宿41 [TEL]0460-85-5932

■畑の茶屋木工所■ 〒250-0314 神奈川県足柄下郡箱根町畑宿206 [TEL]0460-85-7090

■ききょう屋鈴木木工所■ 〒250-0314 神奈川県足柄下郡箱根町畑宿213 [TEL]0460-85-7793

■浜松屋■ 〒250-0314 神奈川県足柄下郡箱根町畑宿138 [TEL]0460-85-7044

■金指ウッドクラフト■ 〒250-0314 神奈川県足柄下郡箱根町畑宿135 [TEL]0460-85-5567

■本間木工所■ 〒250-0311 神奈川県足柄下郡箱根町湯本84 [TEL]0460-85-5646

■若林工芸■ 〒250-0311 神奈川県足柄下郡箱根町湯本421 [TEL]0460-85-5161

■タクミ木工■ 〒250-0032 神奈川県小田原市風祭853 [TEL]0465-23-4458

■小林木工所■ 〒250-0031 神奈川県小田原市入生田32 [TEL]0465-22-5217

■露木木工所■ 〒250-0021 神奈川県小田原市早川2-2-15 [TEL]0465-22-5995

■神原木工所■ 〒250-0311 神奈川県足柄下郡箱根町湯本496 [TEL]0460-85-7089

■西村木工所■ 〒250-0055 神奈川県小田原市久野3-3764-13 [TEL]0465-35-2588

■寄木細工のつゆき■ 〒250-0055 神奈川県小田原市久野177-4 [TEL]0465-35-5805

■木路■ 〒250-0311 神奈川県足柄下郡箱根町湯本386-36 [TEL]0460-86-4220

【ホームページ】http://www.ashigara-insatsu.com/hakone-yosegi/

小田急 ホテルはつはな箱根の玄関口、箱根湯本駅から「箱根登山バス」または「湯本旅館組合巡回バス」で約10分。箱根旧街道沿いに佇む小田急 ホテルはつはなは、自家源泉の美肌温泉と華やかな懐石料理が楽しめる、日本旅館の情緒とホテルの洗練されたサービスでお迎えいたします。「ホテルはつはな」を拠点に、箱根の旅をお楽しみいただくのもオススメです。
 
» 「ホテルはつはなで過ごす至福の休日」はこちら

※2015年4月時点の情報です。情報は変更になる可能性がありますので、事前にご確認ください。

コメントは受け付けていません。