アーカイブ/archive

山のホテル

2018.05.01

開業70周年記念、かつての看板メニュー「オイルフォンデュ」を復刻発売

箱根・芦ノ湖畔に佇む“小田急 山のホテル”は、今年開業70周年を迎えます。これを記念して、かつてレストランのグランドメニューのメインを飾り続けた「オイルフォンデュ」を、復刻発売することになりました。
フォンデュといえばチーズフォンデュを思い浮かべがちですが、オイルフォンデュもスイスの伝統料理で、食材を素揚げして楽しむヘルシーな料理です。スイスの山小屋をイメージして建てられた三角屋根の“山のホテル”で提供され、1960年代にはホテルの名物料理に。かつて家族旅行や新婚旅行でオイルフォンデュの鍋を囲んだ楽しい時間を思い出すかたも多いことでしょう。

一口サイズの肉や魚、野菜などをブロシェットという串に刺してオイルで揚げ、ソースをつけながら食べるスタイルは、日本人はもちろん、生の魚を食べる習慣があまりなかった当時の外国人客にも人気を呼びました。
復刻メニューでは牛肉をメインに、ジャガイモやニンジン、アスパラガスなど季節の野菜をご用意。塩をつけて素材本来の旨味を味わったり、マスタードソースや和風ソースなど、季節ごとに数種類用意されるソースで味に変化をつけて楽しめます。また、今回特別に提供されるワカサギのフリッターは、テーブルで二度揚げにして、さらに軽い食感とほろ苦さを堪能して。

自分で材料を串に刺して、揚げ立てのあつあつを食べられるこの復刻ランチメニューは、芦ノ湖が見渡せるレストラン「ヴェル・ボワ」で提供します。開業70周年を迎えた今年、伝説の復刻メニューでひとときタイムトリップ。箱根の自然と共に受け継がれてきた “山のホテル”の歴史をたどってみませんか。

復刻版オイルフォンデュランチ(イメージ)

復刻版オイルフォンデュランチ
(イメージ)

ヴェル・ボワ内観 

ヴェル・ボワ内観 

オイルフォンデュを楽しむ外国人観光客(1960 年代)

オイルフォンデュを楽しむ
外国人観光客(1960 年代)

◆◆◆ 『復刻版オイルフォンデュランチ』◆◆◆

<販売開始>
2018年6月1日(金)
<料金>
お1人様 6,534円
<メニュー>
前菜、オイルフォンデュ、パン、デザート、コーヒー
<場所>
フランス料理レストラン「ヴェル・ボワ」
<営業>
11:30~14:00(L.O.)

*3日前までの予約
*この料金には、サービス料・消費税が含まれます

<このリリースに関するお問い合わせ>
株式会社 小田急エージェンシー 
tel:03-3344-5988  mail:press@odakyu-ag.co.jp

<ご紹介いただく際の読者からのお問い合わせ先>
小田急 山のホテル
tel:0460-83-6321
http://www.hakone-hoteldeyama.jp/