アーカイブ/archive

小田急リゾーツ

2018.02.01

御殿場プレミアム・アウトレットに誕生するホテル・日帰り温泉施設、2019年度冬開業予定

株式会社 小田急リゾーツ(本社:神奈川県相模原市 社長:端山 貴史)が運営受託した、ホテル・日帰り温泉施設は、2018年2月中旬より建物工事に着手し、2019年度冬の開業を目指してまいります。このホテル・日帰り温泉施設は、「御殿場プレミアム・アウトレット」(静岡県御殿場市)の第4期増設エリア内に新設する、小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)が開発している事業です。
名称はそれぞれ「HOTEL CLAD」(ホテル クラッド)、「木の花の湯」(このはなのゆ)とし、ロゴデザインも決定いたしました。

「HOTEL CLAD」および「木の花の湯」外観(イメージ)

「HOTEL CLAD」および「木の花の湯」外観(イメージ)

「HOTEL CLAD」ロビー(イメージ)

「HOTEL CLAD」ロビー(イメージ)

「HOTEL CLAD」客室(イメージ)

「HOTEL CLAD」客室(イメージ)

「木の花の湯」露天風呂(イメージ)

「木の花の湯」露天風呂(イメージ)

ホテル「HOTEL CLAD」概要

名称
「HOTEL CLAD」(ホテル クラッド)
由来
「clad」は、「着た・まとった」といった意味をもち、宿泊施設の居心地のよさやおもてなしを表現するほか、アウトレットでのショッピングのイメージに馴染むことから、本名称に決定しました。
所在地
静岡県御殿場市深沢字2839-1の一部等
工事期間
2018年2月中旬着工、2019年度冬竣工(予定)

「HOTEL CLAD」ロゴデザイン

「HOTEL CLAD」ロゴデザイン

運営会社
株式会社 小田急リゾーツ
客室数
約180室
構造規模
鉄骨鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
地上8階建、高さ約30.0m
施設面積
約9,500㎡

日帰り温泉施設「木の花の湯」概要

名称
「木の花の湯」(このはなのゆ)
由来
富士山および富士浅間大社に祀られる女神「木花咲耶姫」(このはなさくやひめ)を由来としており、富士山を見渡せる温泉施設の名称のモチーフにふさわしいとして、本名称に決定しました。
所在地
静岡県御殿場市深沢字2839-1の一部等
工事期間
2018年2月中旬着工、2019年度冬竣工(予定)

「木の花の湯」ロゴデザイン

「木の花の湯」ロゴデザイン

運営会社
株式会社 小田急リゾーツ
館内施設
① 富士山ビュー露天風呂、内湯、サウナ等
② 約20室の貸切個室露天風呂
③ リラクセーション施設
④ リラックスルーム
⑤ レストラン
構造規模
鉄骨造、地上3階建、高さ約17.5m
施設面積
約3,000㎡

※本プレスリリースの詳細を記載したPDF版はこちら[PDFファイル 204KB]

<このリリースに関するお問い合わせ>
株式会社 小田急リゾーツ 新規開業準備室 営業企画担当:伊藤
tel:042-749-1346