アーカイブ/archive

箱根ハイランドホテル

2016.07.25

仙石原のススキ草原に浮かぶ月をイメージした創作スイーツが新登場!

箱根・仙石原に建つ大人の高原リゾート“小田急 箱根ハイランドホテル”では、「箱根スイーツコレクション2016秋」のための創作スイーツ「ラ・リューヌ」が完成。9月1日(木)より登場します。
毎回共通のテーマを設けて箱根のシェフやパティシエたちが腕を競うイベントですが、今秋は「4つの秋スイーツ」をテーマに箱根を4つのエリアに分け、それぞれの見どころや魅力に合わせて「温泉」「紅葉」「お月見」「富士山」と設定。“小田急 箱根ハイランドホテル”のある仙石原エリアは「お月見スイーツ」となりました。

秋の仙石原を代表する風景は、なんといってもススキの草原。ホテルでは、ススキ草原に浮かぶ月をイメージして、秋の味覚をふんだんに盛り込んだスイーツを創り上げました。その名もフランス語で月=ラ・リューヌ。
主役はお皿の真ん中に、ぽっかりと浮かぶ丸いお月さま。バニラムースを干し柿とパッションフルーツのジュレでコーティングした満月が、サクサクとした食感の竹炭のパンを敷いた夜空に浮かび上がります。
お皿の縁に置かれたお月見団子は、サツマイモとマスカルポーネチーズ、白玉粉で作ったニョッキ風スイーツ。オレンジソースとレンズ豆の餡をかけた団子は、もっちり新食感のおいしさです。
さらに干し柿のジャムを挟んだバニラのマカロンとフルーツを添えて。仕上げに、チョコレートソースでお皿にススキを描いて金箔を散らせば完成です。

干し柿やサツマイモ、竹炭など和の食材を使ってフランス菓子に仕上げたスイーツは、フレンチジャポネで知られる“小田急 箱根ハイランドホテル”らしい一品。
秋風に揺れる黄金色のススキ草原を散策した後、美しい風景を思い描きながらラウンジでお月見スイーツを味わうのもまた楽しみ。思い出に残る「秋の箱根旅」になることでしょう。

ススキ草原でのお月見をイメージしたスイーツ

ススキ草原でのお月見をイメージしたスイーツ

スイーツを提供するラウンジ

◆◆◆ ラ・リューヌ ◆◆◆

<期間>
2016年9月1日(木)~11月13日(日)
<提供場所>
ラウンジ
<時間>
9:30~17:00(L.O.)
<価格>
1,425円 (コーヒーまたは紅茶付き 1,782円 )
*上記は、消費税・サービス料を含んだ金額です。
<このリリースに関するお問い合わせ>
株式会社 小田急エージェンシー 
tel:03-3344-5988  mail:press@odakyu-ag.co.jp
 
<ご紹介いただく際の読者からのお問い合わせ先>
小田急 箱根ハイランドホテル
tel:0460-84-8541
http://www.hakone-highlandhotel.jp