2017年 11月 11日(土)

和食マナー講習

はつはなブログ

皆様こんにちは!松村です。
先日都内のホテルで「日本料理食卓作法講師育成セミナー」(HRS/日本ホテル・レストランサービス技能協会主宰)に行って参りました。私も数年前、この食卓作法講師の資格を取得させていただき、社内の誕生会の席などで和食のマナーについて講習を担当してまいりました。今回はフォローアップセミナーで、認定講師・有資格者の方々が30~40名近く北から南から集まっての研修です。まずは名刺交換から始まりました。すでにマナーセミナーをご自分でなさっている方や、ホテルの支配人の方などもいらっしゃり驚きました。そしてたくさんの和食に携わるホテルマンの方々もお見えでした。

セミナーの前半はレクチャーで、今まで勉強してきたことの復習です。あらためておさらいもできたのですが、講師の先生のさらに細やかで丁寧な講義は奥が深く、とてもためになりました。
そしていよいよ後半は、和食マナー講師としての実演です。6~7名のグループに分かれ、各チームに専任講師が付いてのロールプレイングとフィードバックです。一人一品目を担当。私は「煮物」を担当しました。

日本料理食卓作法講師育成セミナー

緊張しましたが、講師や皆様からのフィードバックがとても有り難く、やはり人様から客観的に言って頂かないと分からないものだな、と実感いたしました。内容、話し方、所作、すべてにおいて。またグループの皆様の実演もとても参考・勉強になりました。ぜひ実演の回数を重ねて行きたいものです。

グループの皆様と、とてもお美しく素敵だった担当講師の方

グループの皆様と、とてもお美しく素敵だった担当講師の方

セミナーの後は「第三部」として懇親会があり、ここでまた様々な方々と出会い刺激を受けました。やはり頑張っている方や前向きな方々とお話するのはとても気持ちが良く、こちらもパワーアップしますね!今回のセミナーは講習内容の充実度もさることながら、同様に大きかったことはいろんな方々との出会いと横の繋がりができたことでした。機会を与えてくださったHRSの皆様に感謝です。

これからますます注目を浴びていくであろう「世界の和食」。まずは我々日本人が、和食のマナーや作法を学び直し、あらためて身につけていけると素敵ですね!
はつはなでも今後、ご昼食などで和食のマナーを交えたプランなどもできたらいいな、と思っております。知っているようで意外と知らない和食のマナー。
お箸の取り上げ方・持ち方、お椀の蓋の開け方や戻し方、お造りや焼き魚のいただき方、箸使いのタブー・・・などなど。やはりマナーを心得ておけば、「いざ」という時困りません。そして何といっても「楽しく、美味しく、美しく!」お食事を召し上がっていただくことができます。
今回はとても楽しく有意義な講習でした。今後もさらなる勉強を重ねて参りたいと存じます。

皆様もはつはなにお越し頂いた際、和食のマナーで何かご質問等ございましたら、どうぞ松村までお気軽にお声掛けくださいませ。

 

ページの先頭へ