2017年 10月 23日(月)

神無月お献立より 〜八寸〜

お献立

皆様こんにちは、酒井です。
台風が通り過ぎ、きれいな青空が顔を見せてくれました。山の木々がわさわさと風に揺れ、雲ひとつなく、高い空を見上げるととても気持ちが良いです。それにしても久しぶりの秋晴れ、今秋一番かもですね!

台風一過

本日は神無月の御献立から、八寸をご紹介します。

神無月のお献立 〜八寸〜

神無月のお献立 〜八寸〜

団栗(どんぐり)や柿が可愛らしく並んでいます。美味しそうな柿は「温燻柿見立て」で、中身は玉子の黄身を味噌漬けにしたもの、まわりをスモークサーモンで巻いております。「団栗玉子」は鶉の卵をお醤油で炊き、けしの実でお化粧をさせて、キュートな姿に仕上げています。右手は、胡桃甘露煮です。水あめや調味料と一緒に煮込んだ胡桃は、手が止まらなくなると、お客様からもご好評いただいております♪
つわぶきの器にございますのが、牡蠣南蛮漬けです。牡蠣は、“海のミルク”ともいわれるほど栄養価の高い食材です。一度揚げてから玉葱と鷹の爪を加えた甘酢に漬け込んで、旨みたっぷりに仕上っています。その手前は、海老サンド湯葉巻きです。和食には珍しく、斬新にも食パンをつかったお料理です。海老や帆立のすり身をぬったパンを海苔巻のように巻き、さらに湯葉でくるんで揚げています。ほんのりとガーリック風味がきいた白ワインソースとご一緒にお召し上がりいただきます。

実は今週、はつはなブログでも何度か取り上げている和食検定があり、私も現在勉強中です。努力の実る、実りの秋になればいいなぁと思っているところですが、皆様に素敵な実りの秋が訪れますように♪

 

ページの先頭へ