2017年 10月 17日(火)

神無月お献立より ~合肴~

お献立

皆様こんにちは、茅原です。急激に冷え込んでまいりましたね。お身体の体調は崩されていませんか?風邪のひきはじめに冷えは禁物です。本日は身体をぽかぽか温めてくれる、神無月の合肴についてご紹介いたします。

神無月のお献立 〜合肴〜「茸(きのこ)豆乳鍋」

神無月のお献立 〜合肴〜「茸(きのこ)豆乳鍋」

アワビ茸、白木耳(しろきくらげ)、椎茸、柿の木茸、白舞茸の5種類ものきのこを使った、秋らしいお鍋です。せっかくなのでそれぞれのきのこの特徴もご紹介いたします。

アワビ茸
ヒラタケ科、ヒラタケ属の菌類です。強い香りと、アワビのもつ食感に似ているため、このように名付けられました。
白木耳
純白で半透明、ゼリー質のきのこ。古来、中国では不老長生の食品として珍重され、高価に取引されていました。乾燥したものを「銀耳(インアル)」といいます。
椎茸
言わずもがな、日本を代表する栽培きのこ。栽培の始まりは1600年代の九州豊後国(大分県)とも伊豆の天城山とも言われています。
柿の木茸
かきの木茸は栽培エノキタケの事です。通常の栽培エノキタケといえば、日光に当てずに育てるので白いですよね。ですが柿の木茸は、日光に当てて育てるので天然の物の様に着色したものになります。
白舞茸
白舞茸は普通に売られているマイタケとほぼ同じ形をしていて、色が真っ白、または少しクリーム色がかっているものです。煮込んでも通常の舞茸のように色がにじみ出ないのが特徴です。

(参考/食材図典ほか)

普段何気なく見ているきのこですが、こうしてぎゅっとお鍋になるとなんだかとっても贅沢に感じます♪それぞれの食感の違いや、味わいもぜひお楽しみくださいませ。お鍋をあたためていくと、豆乳の舌触りも、とてもやわらかいお豆腐のように変化し、優しいお味がします。食べ終わる頃には体もぽかぽかです!

そして、食事の後にはあったか~い、温泉も♪秋のはつはなの魅力もぜひ舌で・肌で、感じにいらしてください。お待ちしております。

 

ページの先頭へ