2017年 10月 2日(月)

和食豆知識 ~秋の七草~

まめ知識

10月のまめ知識

皆様こんにちは、酒井です。
箱根はここ数日、風が気持ちよく、日差しも優しいキラキラとした秋晴れの日が続いています。秋の装いでめいっぱいおしゃれをして、どこか出かけたいなぁと、ついうきうきしてしまう今日この頃です。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

本日は、秋の七草についての豆知識をご紹介します。

~秋の七草~

「秋の七草」は、女郎花、薄(ススキ)、桔梗、撫子、藤袴、葛、萩とされています。
以下は、奈良時代の歌人 山上憶良が詠んだ歌で、万葉集に収録されています。

秋の野に 咲きたる花を 指折り 
かき数ふれば 七種の花 (一五三七 巻八)
萩の花 尾花葛花 なでしこの花   
おみなえし また藤袴 朝貌の花 (一五三八 巻八)


お月見や秋祭りで供えられるようになるなど、この歌の影響を受けて、秋の七草は日本の秋を代表する草花として親しまれるようになったそうです。
歌中の尾花はススキを、朝貌は桔梗とされています。

はつはなにも秋の七草がございましたので、一枚お写真を。つい愛でたくなる、撫でたくなるほど可愛らしい花の様子を子供に喩え、撫子(なでしこ)と名づけられたそうです。

撫子(なでしこ)

撫子(なでしこ)

ただ今箱根では、秋の箱根スイーツコレクションが開催中です。今回は20回目ということで、アニバーサリースイーツが登場しているようです。残念ながら、はつはなは参加しておりませんが、グループホテルの「山のホテル」や「箱根ハイランドホテル」のスイーツは大人気と聞いております♪

箱根湯本駅階段

箱根湯本駅も、とっても可愛らしい仕様でお出迎えです。
秋のはつはな、秋の箱根で皆様のお越しを心よりお待ちしています。

 

ページの先頭へ