2017年 9月 20日(水)

長月お献立より ~八寸・煮物椀・焼肴~

お献立

金木犀

皆様こんにちは、茅原です。

今年は暑さが尾を引くかと思えば、あっという間に、夏は急に去って行ってしまいました。

長月を迎え、心なしか空気も空もぐっと秋らしくなったような気がします。いつの間にかキンモクセイの香りも漂って来ました。

本日は9月のお献立より八寸、焼肴のご紹介をいたします。


長月のお献立 〜八寸〜

長月のお献立 〜八寸〜

「秋刀魚小袖寿司」やはり秋と言えば秋刀魚。こちらは秋刀魚を酢〆にして炙っています。身も脂がのりはじめ、やわらかく、旬を感じます。
「チーズ南瓜柿見立て」裏ごししたかぼちゃに、チーズとお砂糖・卵黄を混ぜてまあるく、仕立てています。へたの部分は昆布とお蕎麦でできています。
「合鴨鍬(くわ)焼き」合鴨に小麦粉をうち、砂糖やお醤油、熊本名産の赤酒で甘辛く焼き上げています。鍬焼き、とは肉類をこういった甘辛だれに絡めて焼いたものを言います。農作業の合間に獲った野鳥や獣の肉を、使い古した鍬の上でタレをつけて焼いた、ということが起源だそうです。

長月のお献立 〜八寸〜

長月のお献立 〜八寸〜

「満月玉子寄せ」個人的おすすめNo.1の一品。とってもかわいいうさぎさんは人参で、満月は玉子豆腐でお作りしています。お出汁のゼリーに閉じ込めた、お月見うさぎです。

長月のお献立 〜煮物椀〜

長月のお献立 〜煮物椀〜

煮物椀「鱧(はも)真丈」。薄切りにした鱧にとろろ、卵白、お魚のすり身を混ぜ合わせて揚げた真丈です。揚げることで普通の真丈よりも食感、甘み、旨味がぎゅっとつまっています。焼き茄子、冬瓜、舞茸、人参を添えて、柚子の香りとともにお楽しみ下さい。

長月のお献立 〜焼肴〜

長月のお献立 〜焼き肴〜

焼き肴「秋味(あきあじ)西京味噌柚庵(ゆうあん)焼き」
秋味は鮭のことです。9~11月の産卵シーズンに東北・北海道沿岸に寄って来た鮭を“秋味”“秋鮭”と呼びます。
お客様からも「このお味噌を持ち帰りたい!」とご好評をいただいております鮭の“漬け地”はお酒、みりん、お醤油、柚子にしょっつると呼ばれる魚醤を加えております。しょっつるは秋田県の特産で、所謂ナンプラーなどを想像して頂けると分かりやすいかと思います。そしてお魚の上に西京味噌の粒味噌、酒、濃い口醬油、砂糖を合わせたものをのせて焼いております。最後には砕いたぶぶあられをのせて食感と風味のアクセントに♪

食欲の秋が始まりました。皆様お誘い合わせの上、秋のはつはなへ是非お越しください!
急激な気温の変化に体調を崩しやすい時期、皆様どうぞご自愛くださいませ。

ページの先頭へ