2017年 7月 26日(水)

文月お献立より ~八寸・焼肴~

お献立, 日本の器を知る

皆様こんにちは、酒井です。
本日は文月のお献立から、八寸と焼肴のご紹介です。

八寸 ~文月~

八寸 ~文月~

八寸は涼しげに、かごの器でのご用意です。
つわぶきの器にございますのは、金太郎鱒サラダ寿司です。“金太郎鱒”というユニークな名前は、金太郎ゆかりの地である静岡県小山町で育てられたことが由来です。酢橘酢風味のドレッシングと合わせて、さっぱりとお召し上がり頂けます。
手前のお料理は、枝豆松風です。口の中でふわりと広がる枝豆の風味は夏らしく、お酒との相性もばっちりです。芥子の実の食感もお楽しみください。
お写真の右手前、紅色に銀箔のお化粧をほどこしたお料理は、冬瓜の甲州煮です。暑い季節に、身体に優しい成分をたっぷり含んだ冬瓜を、甘味のある赤玉ワインで煮込み、優美なお味に仕上げています。

焼肴「太刀魚明太チーズ焼き」

焼肴「太刀魚明太チーズ焼き」

文月は、太刀魚を使った焼肴です。柔らかく、淡白な身の下には、マッシュポテトとチーズが隠れています。さらに仕上げで、明太子とチーズ、卵をあわせたものをお乗せしています。様々な食材を合わせることで、太刀魚の旨味をより一層楽しむことのできる一品です。
器は少し、ユニークなものを使っています。大きな丸いお皿を割ったような、欠けた形のデザインです。私たちスタッフの中では、“陶片”と呼んでおりますが、お客様からも「おもしろい器だね」と、たくさんお声をいただいています。完全なものではなく、“欠くこと”に美を感じる、日本人独特の感性を垣間見ることができる器です。
はつはなでは毎月かわるお献立に合わせ、よりお料理を美味しくお召し上がりいただけるよう、器選びにも力を入れています。今後も、どうぞご注目ください♪

今週から夏休みという学校も多いでしょうか。
夏休みという響きには、私も心が躍ります。皆様にすてきな夏休みが訪れますように♪

 

ページの先頭へ