2017年 7月 19日(水)

文月お献立より ~煮物椀・合肴~

お献立

皆様こんにちは、茅原です。
なんだか今年はあつ~い夏が来そうな予感。既に暑さに負けそうな日もありますが、皆さまの夏バテ対策はもう始まっていますか?
はつはなでは暑くても食欲をそそるようなお料理がたくさん。月が替わり、お料理もぐんと夏らしくなりました。
今日は7月のお献立から煮物椀・合肴をご紹介いたします。

煮物椀「玉蜀黍(とうもろこし)真丈」

煮物椀「玉蜀黍(とうもろこし)真丈」

玉蜀黍といえばやはり夏のお野菜の定番ですね!ふわふわの真丈の中にしゃきっと甘みのある粒がアクセントになります。お椀と一緒に入るお野菜も陸蓮根(おくら)や隠元(いんげん)など、季節感のある味わいになっています。上にちょこんと乗っておりますのは水玉麩。華やかな見た目になんだか食べるのがもったいなく感じてしまいますね。

合肴「冬瓜と蕪(かぶ)の蒸篭(せいろ)蒸し」

合肴「冬瓜と蕪(かぶ)の蒸篭(せいろ)蒸し」

すりおろした冬瓜と蕪に枝豆・木耳(きくらげ)を混ぜた生地で才巻海老、穴子、帆立を包んだお料理です。一見お餅のようにも見えますが、スプーンですくうとふんわり、蒸篭の木の香りをまとった、やさしい味わいの冬瓜と蕪のムースが才巻海老、穴子、帆立を包み込みます。もちろんそのまま食べても美味しいのですが、今回は生姜鼈甲餡(しょうがべっこうあん)と絡めてお召し上がりください。一層お料理の風味が高まり、素材の味が際立ちます。

ところで、夏なのになぜ冬瓜?と思った方もいらっしゃるのではないのでしょうか。
実は冬瓜は夏野菜の一つです。冬瓜の皮はとても丈夫で、水分を失いにくいことから収穫後から2,3ヶ月は常温で保存できる珍しい野菜。つまり、“冬までもつ瓜”ということからこの名が名づけられました。90%以上が水分で、カリウムも含まれ、利尿作用によりむくみ解消にも期待できます。夏に嬉しい効果がたくさんある魅力的なお野菜なのです!

今月のお料理、まだまだご紹介がございます!!
次回の更新もお楽しみに♪

 

ページの先頭へ