2017年 5月 1日(月)

和食豆知識 ~お箸の歴史~

まめ知識

5月のまめ知識

皆様、はじめまして。はつはな料飲担当2年目の酒井と申します。
今後、私もはつはなブログを担当して参ります。どうぞ宜しくお願い致します。

さて、今回は“箸の歴史”についてご紹介したいと思います。

「箸の歴史」

お箸は、紀元前2~3世紀頃に中国で使われ始めたとされています。日本では、6世紀ごろに聖徳太子によって取り入れられました。607年の遣隋使の派遣で、太子は箸と匙(さじ)を使った食事作法を知ります。そこで当時、手食だった日本に正式な箸食作法を取り入れ、朝廷の人々に習わせたと言われています。

一般に箸食が広まったのは8世紀頃。はじめは箸と匙を使う中国式の食事作法でしたが、平安時代中期には、現在と同じ箸のみの食事作法となりました。さらに鎌倉時代、一人に一つずつのお膳が用いられるようになり、お膳の上に箸をそろえるようになったことから、箸を一膳と数えるようになりました。

参考:「和食検定」

“はし”の語源は、嘴(鳥のくちばし)なんだそう。私たちの口に、食べ物を橋渡ししてくれているおはし。普段何気なく使っている道具に、改めて着目してみるのも面白いですね。

ホテルはつはな

さて、箱根湯本はここ数日気持ちのいいお天気が続いております。
皆様もどうか素敵なゴールデンウィークをお過ごし下さい。

 

ページの先頭へ