2017年 3月 15日(水)

春告げて ~3月先附・八寸・焼肴~

お献立

皆さまこんにちは、茅原です。

あっという間に3月も中旬になってしまいました。今回は、お料理の紹介です。
今月も節句をイメージしたお料理と、春を告げる食材をご用意しています。

先附

今回は先附よりお始めいただきます。
こちらの「桜花寄せ豆腐」は、牛乳・生クリーム・裏ごししたジャガイモなどを混ぜ合わせた、桜をイメージした甘くやさしいお豆腐です。ココナツゼリーや、菜の花、とびこと共にお楽しみくださいませ。

八寸

八寸には「桜田麩手毬寿司」、「春キャベツ博多蒸し」、「蛍烏賊とうるいの辛味大根和え」、「三色村雨(むらさめ)玉子」など彩りも大変豊かです。この季節は一番お料理に華やぎが出るころですね。
「春キャベツ博多蒸し」は、キャベツと蟹・帆立の真丈を積み重ね、手間暇のかかった一品。上には桜花を添えています。
「三色村雨玉子」は、ひなまつりにちなんでひし形にしています。“村雨”とは通り雨のことで、雨上りの地面のようなぽつぽつとした質感を表現しています。

焼肴には「山女魚(やまめ)の山椒オイル焼き」をご用意しています。

焼肴

山女魚の表面に山椒オイルを塗り、皮を炙っています。山椒の香りをほんのりと感じながらお好みでレモンも絞ってお召し上がりください。
山女魚は春告げ魚とも呼ばれ、体の側面に上下に長い斑点模様があるのが特徴です。いつも水の中を優雅に泳ぎまわっていることから「山女」や「山女魚」と表記するようになったそうです。そのやわらかくて香ばしい身は皆様に大好評です。

(仕入れの状況等により、献立の内容が変わる場合がございます)

気温も少しずつ上がってきましたね。桜の蕾もだんだんと膨らんで来ているようです。
春を告げる○○、と言えばキリがないですが、ぜひ箱根にも春を探しにいらしてください。

 

ページの先頭へ