2017年 2月 7日(火)

早くも春を感じられるひと時

お献立, はつはなブログ

皆さま、こんにちは。
はつはな、松尾です。

先日話題にあげました二宮町の菜の花畑へ行ってまいりました。

菜の花

少々急な階段や坂を登ること約20分、展望台がある芝生の広場に一面の菜の花が現れ、眩しい黄色が風にのってさわさわと揺れていました。一面の春色、春の香りに包まれた空間は、陽の光を浴びて輝く海と箱根の山々や丹澤山、富士山をも望める絶景でした。
今もその風景を思い起こすと、菜の花が香ってくるような気がします。

さて、今月の合肴「鰊蕎麦風鍋」をご紹介いたします。

P1030601

鰊(にしん)は春告魚(はるつげうお)ともいい、春が旬の魚です。日本料理独特の季節感を取り入れた「走りもの」として、今月は鰊をご用意しております。
この鰊は、ひと手間もふた手間もかけられております。調理の方々に愛情をこめて料理された鰊、そして、こしのある乱切り蕎麦や茸類、切り餅、お野菜などを熱々のお出汁と一緒にお召し上がりいただきます。
仕上げに熱々のお鍋に溶き玉子を回し入れますと、ふわふわとした玉子の風味も相まって、優しいお味の一品が完成です。

冒頭でご紹介した菜の花畑、二宮町の「吾妻山公園」は、箱根から西湘バイパスで30分ほどのところにあります。桜が咲くころは、黄色とピンクと青のコントラストがきっと素敵なことでしょう。
はつはなにお越しの際、途中お立ち寄りになるのもいいかもしれません。

「走りもの」については以下の記事でも紹介しております。合わせてご覧ください。
2016.5.13「一足先のおすそわけ さくらんぼグリーンティー

 

ページの先頭へ