2017年 8月 29日(火)

葉月お献立より ~焼肴・合肴~

お献立

皆様こんにちは、酒井です。8月も後半だからでしょうか。毎日聞いてきた蝉たちの声が少しだけおとなしく、暗いトーンに聞こえる今日この頃です。
さて、本日は葉月のお献立から、滞在2日目のお料理を一部ご紹介します。

焼肴「丸茄子鰻の博多焼き」

焼肴「丸茄子鰻の博多焼き」

夏の食材をふんだんに使って、見た目もおなかにも満足感のある一品です。
「博多」とは、複数の食材を重ね合わせ、博多帯の模様に見立てたお料理をさします。こちらのお料理は、鰻、自家製のホワイトソース、茄子を二層に重ねてお作りしています。夏を越す食材として、古くから親しまれてきた和の食材である鰻と茄子。そこにホワイトソースという洋の要素を加えることで、華やかに、より一層食欲を掻き立てるお料理に仕上げています。

合肴「夏野菜水貝風」

合肴「夏野菜水貝風」

鮑と氷を塩水に浮かべた、水貝に倣ったお料理です。燻製仕立て、甘酢づけ、お出汁で炊いたものなど味わい豊かな9つのお野菜に、昆布出汁のかき氷を添えています。見た目にも味わいも涼やかな一品をお楽しみください。

暦の上では処暑を迎えましたが、まだ残暑が続いていますね。皆様お身体にお気をつけて、残りの夏もお楽しみください♪

 

2017年 8月 8日(火)

葉月お献立より ~先附・八寸~

お献立

皆さまこんにちは、茅原です。
夏も真っ盛り。夏休みにも入り子どもたちの元気な声もはつはなで聞けるようになりました。一方で蝉も負けじと元気に鳴いております。
今日は8月のお献立より、先附・八寸のご紹介です。

滝川豆腐

葉月のお献立 〜先附〜 滝川豆腐

まずはこちらが滝川豆腐。涼しげな滝の流れを表現しています。
水、豆乳、寒天で仕上げており、寒天で固めた分、普通のお豆腐よりも滑らかな食感が楽しめます。一緒に絡めてお召し上がりいただくのがお出汁のジュレ。きらきら輝く様はまるで宝石のようで、上品かつ品のある味わいです。上にちょこんと彩る山葵飛子(わさびとびこ)が、見た目にも味にもほんのりアクセントに。

蕃茄(とまと)豆乳ジュース

葉月のお献立 〜先附〜 蕃茄(とまと)豆乳ジュース

続いて「蕃茄豆乳」ジュースです。
まずお客様はお献立をご覧になって、この漢字に驚きになる方が多いです。この「蕃茄」という文字は“とまと”の他に“ばんか”とも読みます。「蕃茄」とは中国語でのトマトを指します。蕃(外国由来の、という意)の茄子科の植物という意味合いがあるそうです。
お味は大変シンプル。トマトの酸味に豆乳のまろやかさが加わり、さっぱりとお口を通ります。シンプルだからこそ、素材の味がしっかり際立つ一品。ミントを齧るとさっぱりとした後味に。
そしてお隣の蕃茄塩も一つまみ是非お入れください。
この一つまみ、がミソですよ!


八寸

葉月のお献立 〜八寸〜

続いて八寸です。
「〆鯖炙り棒寿司」脂ののった柔らかい身は、塩を振ってから酢じめにしています。ほろりと口で、とろける味わいです。
「苦瓜味噌炒め」胡麻油で炒めた苦瓜に信州味噌、酒、お砂糖で味つけをしています。胡麻油の香ばしい香りと信州味噌の味わいがうまくマッチしていて、もしかすると苦瓜が苦手なお客様もお召し上がりいただけるかもしれませんよ~!
「水蛸(みずだこ)燻製」桜チップの芳ばしい香りと水蛸の旨みをぎゅっと凝縮した一品です。
「寄せチーズ」クリームチーズ、ゆで卵の黄身、生クリーム、お砂糖などを合わせて作ったスイーツのようなお料理です。ほんのりやさしい味わいに不思議と箸が進みます。
「炙り鮎親子和え」鮎にうるか(鮎の塩辛)を塗って炙っております。こちらはお酒が進みます。レモンを添えて、さっぱりとどうぞ。

まだまだ暑さも続きますが、皆さまどうぞご自愛くださいませ。
非日常的な空間と、温泉にお食事に、心と身体を癒しにぜひはつはなにお越しください。

ページの先頭へ