2017年 3月 23日(木)

2017年春限定のおすすめ日本酒

はつはなブログ, 歳時記

皆様こんにちは!松村です。

三月に入りお料理も一気に華やかになりましたが、合わせてお酒の方も華やいで参りました!
ただ今はつはなでは、春のお酒の限定メニューを販売しております。

2017年春のおすすめ日本酒

一つ目(写真左)は、「紀土 春ノ薫風」純米吟醸(和歌山)です。
こちらはまさに春の風のようにフレッシュでフルーティーな味と香りを運んでくれます。
春らしい甘みとほんのりとした渋み、キレイな余韻をお楽しみ下さい。口当たりやわらかく、とても飲みやすいお酒です。

二つ目(写真右)は、「奥播磨 春待ちこがれて」山廃純米(兵庫)です。
こちらはあえて山田錦をあまり磨かずに精米は80%で抑えたお酒で、その結果骨太で、飲み応えのある酒質に仕上がっております。それでいて意外とすっきりしていて、春らしさの漂う一本です。お燗しても美味しくお召し上がりいただけます。

どちらもフレッシュな生酒です。皆様も美味しい春のお料理とお酒の饗宴を、ぜひ楽しみにお越し下さいませ♪

2017年 3月 21日(火)

ラウンジに広がる春の香り

はつはなブログ

皆さまこんにちは、茅原です。

本日は、はつはなの春を少しお届けいたします。
はつはなでは、17時までにチェックインをしてくださったお客様に、ラウンジでお着きのお茶とお菓子をお楽しみいただいております。
毎年、季節ごとにお茶の香りを変えてお出ししておりますが、四季がぐるっと回って桜フレーバーティの時期が今年もやって参りました!今だけの季節限定です♪

桜フレーバーティと饅頭

桜フレーバーティは、緑茶に桜葉を混ぜており、口に含んだ瞬間にほんのりと桜の香りが広がります。毎年お客様にも高い人気をいただいております。そして、そんなお茶とお楽しみいただくのがこちらのお菓子。

はつはなオリジナル饅頭

はつはなのオリジナル饅頭、「はなのころ」です。
口当たりがやわらかく、甘すぎない上品なこしあんが特徴です。はつはなのイメージカラーの淡いピンク色に、パッケージもロゴ入りでとてもかわいらしいです♪
はつはなでのお土産に是非いかがでしょうか?

お茶・お菓子はともに売店にてお求め頂けます。

はなのころはつはな売店

2017年 3月 15日(水)

春告げて ~3月先附・八寸・焼肴~

お献立

皆さまこんにちは、茅原です。

あっという間に3月も中旬になってしまいました。今回は、お料理の紹介です。
今月も節句をイメージしたお料理と、春を告げる食材をご用意しています。

先附

今回は先附よりお始めいただきます。
こちらの「桜花寄せ豆腐」は、牛乳・生クリーム・裏ごししたジャガイモなどを混ぜ合わせた、桜をイメージした甘くやさしいお豆腐です。ココナツゼリーや、菜の花、とびこと共にお楽しみくださいませ。

八寸

八寸には「桜田麩手毬寿司」、「春キャベツ博多蒸し」、「蛍烏賊とうるいの辛味大根和え」、「三色村雨(むらさめ)玉子」など彩りも大変豊かです。この季節は一番お料理に華やぎが出るころですね。
「春キャベツ博多蒸し」は、キャベツと蟹・帆立の真丈を積み重ね、手間暇のかかった一品。上には桜花を添えています。
「三色村雨玉子」は、ひなまつりにちなんでひし形にしています。“村雨”とは通り雨のことで、雨上りの地面のようなぽつぽつとした質感を表現しています。

焼肴には「山女魚(やまめ)の山椒オイル焼き」をご用意しています。

焼肴

山女魚の表面に山椒オイルを塗り、皮を炙っています。山椒の香りをほんのりと感じながらお好みでレモンも絞ってお召し上がりください。
山女魚は春告げ魚とも呼ばれ、体の側面に上下に長い斑点模様があるのが特徴です。いつも水の中を優雅に泳ぎまわっていることから「山女」や「山女魚」と表記するようになったそうです。そのやわらかくて香ばしい身は皆様に大好評です。

(仕入れの状況等により、献立の内容が変わる場合がございます)

気温も少しずつ上がってきましたね。桜の蕾もだんだんと膨らんで来ているようです。
春を告げる○○、と言えばキリがないですが、ぜひ箱根にも春を探しにいらしてください。

 

2017年 3月 3日(金)

本日は桃の節句。白酒をご用意いたします

はつはなブログ, 歳時記

皆様こんにちは!
松村です。

2月は月が短いので、あっという間にもう3月となってしまいました!
今日は桃のお節句ということで、お夕食の際食前酒は“白酒”(しろざけ)をお出しします。

桃の節句「白酒」

ひな祭りの歌にも「~少し白酒召されたか 赤いお顔の右大臣~♪」とあるように、昔からひな祭りには白酒が欠かせません。
もともとは桃が邪気を祓い、また百歳を表す「百歳(ももとせ)」(=長寿)に通じることから、“桃花酒”(桃の花をお酒に浸したもの)を飲む風習がありました。白酒が飲まれるようになったのは江戸時代中期になってからとのことです。

白酒といいますと、「甘酒のことでしょ?」と思っていらっしゃる方も多いのではないかと思いますが、実はまったく違うものです。
白酒はもち米と米麹を焼酎、またはみりんとともに仕込み、約1ヶ月間熟成させてからすりつぶした白く濁ったお酒で、甘味と粘り、独特の香りがあります。
一方甘酒は、蒸し米と麹を等量で混ぜて一晩寝かせたもので、発酵させないためアルコール分はなく、お酒ではありません。
私達が子供の頃は、白酒の代わりにお母さんが甘酒を用意してくれていたのかもしれませんね?

それにしても春を告げるウキウキとした「白酒」、女子の皆様にとっては幸せの味ですね!

ページの先頭へ