2017年 3月 23日(木)

2017年春限定のおすすめ日本酒

はつはなブログ, 歳時記

皆様こんにちは!松村です。

三月に入りお料理も一気に華やかになりましたが、合わせてお酒の方も華やいで参りました!
ただ今はつはなでは、春のお酒の限定メニューを販売しております。

2017年春のおすすめ日本酒

一つ目(写真左)は、「紀土 春ノ薫風」純米吟醸(和歌山)です。
こちらはまさに春の風のようにフレッシュでフルーティーな味と香りを運んでくれます。
春らしい甘みとほんのりとした渋み、キレイな余韻をお楽しみ下さい。口当たりやわらかく、とても飲みやすいお酒です。

二つ目(写真右)は、「奥播磨 春待ちこがれて」山廃純米(兵庫)です。
こちらはあえて山田錦をあまり磨かずに精米は80%で抑えたお酒で、その結果骨太で、飲み応えのある酒質に仕上がっております。それでいて意外とすっきりしていて、春らしさの漂う一本です。お燗しても美味しくお召し上がりいただけます。

どちらもフレッシュな生酒です。皆様も美味しい春のお料理とお酒の饗宴を、ぜひ楽しみにお越し下さいませ♪

2017年 3月 21日(火)

ラウンジに広がる春の香り

はつはなブログ

皆さまこんにちは、茅原です。

本日は、はつはなの春を少しお届けいたします。
はつはなでは、17時までにチェックインをしてくださったお客様に、ラウンジでお着きのお茶とお菓子をお楽しみいただいております。
毎年、季節ごとにお茶の香りを変えてお出ししておりますが、四季がぐるっと回って桜フレーバーティの時期が今年もやって参りました!今だけの季節限定です♪

桜フレーバーティと饅頭

桜フレーバーティは、緑茶に桜葉を混ぜており、口に含んだ瞬間にほんのりと桜の香りが広がります。毎年お客様にも高い人気をいただいております。そして、そんなお茶とお楽しみいただくのがこちらのお菓子。

はつはなオリジナル饅頭

はつはなのオリジナル饅頭、「はなのころ」です。
口当たりがやわらかく、甘すぎない上品なこしあんが特徴です。はつはなのイメージカラーの淡いピンク色に、パッケージもロゴ入りでとてもかわいらしいです♪
はつはなでのお土産に是非いかがでしょうか?

お茶・お菓子はともに売店にてお求め頂けます。

はなのころはつはな売店

2017年 3月 3日(金)

本日は桃の節句。白酒をご用意いたします

はつはなブログ, 歳時記

皆様こんにちは!
松村です。

2月は月が短いので、あっという間にもう3月となってしまいました!
今日は桃のお節句ということで、お夕食の際食前酒は“白酒”(しろざけ)をお出しします。

桃の節句「白酒」

ひな祭りの歌にも「~少し白酒召されたか 赤いお顔の右大臣~♪」とあるように、昔からひな祭りには白酒が欠かせません。
もともとは桃が邪気を祓い、また百歳を表す「百歳(ももとせ)」(=長寿)に通じることから、“桃花酒”(桃の花をお酒に浸したもの)を飲む風習がありました。白酒が飲まれるようになったのは江戸時代中期になってからとのことです。

白酒といいますと、「甘酒のことでしょ?」と思っていらっしゃる方も多いのではないかと思いますが、実はまったく違うものです。
白酒はもち米と米麹を焼酎、またはみりんとともに仕込み、約1ヶ月間熟成させてからすりつぶした白く濁ったお酒で、甘味と粘り、独特の香りがあります。
一方甘酒は、蒸し米と麹を等量で混ぜて一晩寝かせたもので、発酵させないためアルコール分はなく、お酒ではありません。
私達が子供の頃は、白酒の代わりにお母さんが甘酒を用意してくれていたのかもしれませんね?

それにしても春を告げるウキウキとした「白酒」、女子の皆様にとっては幸せの味ですね!

2017年 2月 14日(火)

春の撮影は柔らかなひとときに

はつはなブログ

皆さま、こんにちは。
はつはな、松尾です。

少しばかり前の出来事ではございますが、春の撮影が行われました。
撮影の被写体の料理は、春色を存分にまとっていました。
だからでしょうか。厳粛な雰囲気ながらも、その柔らかな春の色合いが、空気を優しくしてくれているようでした。
私の頭では、ヴィヴァルディの四季「春」が終始テンポよく流れ、一足先に春を味わえた機会となりました。

 

春の料理撮影春の料理撮影

(撮影風景)

昨年秋の撮影の様子も合わせてご覧ください。

2016.7.15「夏ですが、撮影は・・・ ~秋の撮影~

私事ではございますが、人事異動により今回が最後の投稿となります。約一年間、ご愛読くださった皆さま、心より感謝いたします。
ありがとうございました。

 

松尾優雅

 

 

 

2017年 2月 7日(火)

早くも春を感じられるひと時

お献立, はつはなブログ

皆さま、こんにちは。
はつはな、松尾です。

先日話題にあげました二宮町の菜の花畑へ行ってまいりました。

菜の花

少々急な階段や坂を登ること約20分、展望台がある芝生の広場に一面の菜の花が現れ、眩しい黄色が風にのってさわさわと揺れていました。一面の春色、春の香りに包まれた空間は、陽の光を浴びて輝く海と箱根の山々や丹澤山、富士山をも望める絶景でした。
今もその風景を思い起こすと、菜の花が香ってくるような気がします。

さて、今月の合肴「鰊蕎麦風鍋」をご紹介いたします。

P1030601

鰊(にしん)は春告魚(はるつげうお)ともいい、春が旬の魚です。日本料理独特の季節感を取り入れた「走りもの」として、今月は鰊をご用意しております。
この鰊は、ひと手間もふた手間もかけられております。調理の方々に愛情をこめて料理された鰊、そして、こしのある乱切り蕎麦や茸類、切り餅、お野菜などを熱々のお出汁と一緒にお召し上がりいただきます。
仕上げに熱々のお鍋に溶き玉子を回し入れますと、ふわふわとした玉子の風味も相まって、優しいお味の一品が完成です。

冒頭でご紹介した菜の花畑、二宮町の「吾妻山公園」は、箱根から西湘バイパスで30分ほどのところにあります。桜が咲くころは、黄色とピンクと青のコントラストがきっと素敵なことでしょう。
はつはなにお越しの際、途中お立ち寄りになるのもいいかもしれません。

「走りもの」については以下の記事でも紹介しております。合わせてご覧ください。
2016.5.13「一足先のおすそわけ さくらんぼグリーンティー

 

ページの先頭へ