2017年 5月 22日(月)

緑に囲まれて ~皐月のお献立、八寸と焼肴~

お献立

皆様こんにちは、酒井でございます。
本日は皐月のお献立から、八寸と焼肴のお料理をご紹介します。

皐月のお献立 〜八寸〜

皐月のお献立 〜八寸〜

まずは、八寸。
桜色が印象的だった先月のお料理から雰囲気を変え、今月は木々の新緑を思わせる緑を基調としたお料理です。
つわぶきの器にございます、深い緑色のお料理は大葉豆腐でございます。大葉のさわやかな香りと胡麻の風味の相性が良く、夏の訪れを感じる一品です。お写真中央、お花の菖蒲に見立てたお料理は、菖蒲百合根です。菖蒲の放つ芳香は邪気やじめじめした空気を祓うとされ、古来より重宝されたそうです。そんな菖蒲のパワーにあやかれば、五月病にも負けず元気をもらえるかもしれません♪お隣は、沢蟹の唐揚げでございます。なんとも可愛らしい姿なので、食べるのがもったいないくらいですが、こちらは丸ごとカリカリとお召し上がりいただけます。香ばしい香りもお楽しみください。

皐月のお献立 〜焼肴〜

皐月のお献立 〜焼肴〜

続きまして、焼肴は「鱸(スズキ)の香味オイル焼き」でございます。
特製の香味オイルには、6種類のハーブを使っており、とても香り高いお料理です。添え合わせの茄子や蚕豆、独活もひと手間かけて調理をしておりますが、彩りを添えていますね。お写真では少し分かりづらいですが、お魚の手前には新馬鈴薯のピュレをご用意しています。新じゃがいもとセロリに葱、牛乳と生クリームを合わせ、優しいお味に仕上げております。お好みで鱸と合わせてお召し上がり下さいませ。

この他にも、皐月のお献立には素敵なお料理が盛り沢山です。
山々の緑に囲まれた5月のはつはなで、皆さまのお越しを心よりお待ちしています^^

 

2017年 5月 8日(月)

藤の花が咲きました!

はつはなブログ

皆さまこんにちは、茅原です。

ゴールデンウィークは、いかがお過ごしでしたか?ご家族みんなで旅行をしたり、旧友と遊んだり、お家でゆっくり過ごされたり……各々の休日をお楽しみいただいた事かと思います♪
はつはなにも沢山のお客様にお越しいただきまして、心より御礼申し上げます。

さて、箱根湯本は新緑の季節を迎えました。だんだんと気温も上がり、初夏の香りを感じております。
レストランから見える藤の花も、今年も綺麗に花をつけました。

藤の花

私も毎年見ておりますが、紫の花の房が本当に美しいです。
山藤なので毎年色合いが少しずつ違うのも特徴的でしょうか。今年も綺麗に咲いてくれました。

新緑に包まれた湯坂山

桜の花が散り、新しい葉がどんどん芽吹き、今や見事な新緑に包まれた湯坂山です。
外を歩くのにも、大変気持ち良い季節ですね。

新緑はお部屋からもご覧いただけます。
是非窓を開けて、自然を目いっぱい楽しんでください。

 

2017年 5月 1日(月)

和食豆知識 ~お箸の歴史~

まめ知識

5月のまめ知識

皆様、はじめまして。はつはな料飲担当2年目の酒井と申します。
今後、私もはつはなブログを担当して参ります。どうぞ宜しくお願い致します。

さて、今回は“箸の歴史”についてご紹介したいと思います。

「箸の歴史」

お箸は、紀元前2~3世紀頃に中国で使われ始めたとされています。日本では、6世紀ごろに聖徳太子によって取り入れられました。607年の遣隋使の派遣で、太子は箸と匙(さじ)を使った食事作法を知ります。そこで当時、手食だった日本に正式な箸食作法を取り入れ、朝廷の人々に習わせたと言われています。

一般に箸食が広まったのは8世紀頃。はじめは箸と匙を使う中国式の食事作法でしたが、平安時代中期には、現在と同じ箸のみの食事作法となりました。さらに鎌倉時代、一人に一つずつのお膳が用いられるようになり、お膳の上に箸をそろえるようになったことから、箸を一膳と数えるようになりました。

参考:「和食検定」

“はし”の語源は、嘴(鳥のくちばし)なんだそう。私たちの口に、食べ物を橋渡ししてくれているおはし。普段何気なく使っている道具に、改めて着目してみるのも面白いですね。

ホテルはつはな

さて、箱根湯本はここ数日気持ちのいいお天気が続いております。
皆様もどうか素敵なゴールデンウィークをお過ごし下さい。

 

2017年 4月 28日(金)

4月ご滞在のお客様のメニューをご紹介します♪

お献立

皆さまこんにちは、茅原です。
本日はすこし、ご滞在のお客様のお料理を紹介したいと思います。

新玉葱のスープ湯葉餡かけ

まずはこちら。合肴の「新玉葱のスープ湯葉餡かけ」です。なんと丸ごとひとつの玉葱を使用した、贅沢な一品。ベーコンと鶏のお出汁で玉葱を炊き、この炊いたスープを使って餡を作っています。
丁寧に炊き上げた玉葱はやわらかく、すっとスプーンを通します。この時期ならではの新玉葱の甘くみずみずしい味わいを楽しむことが出来ます。上には揚げたごぼう(鬄(かもじ)ごぼう)をのせ、香りと食感のアクセントに。柚子胡椒をほんのり溶いた餡とたっぷり絡めてお召し上がりください。

春の貝千草

続いてこちらは止肴の「春の貝千草」です。この“千草”という言葉は “様々な材料を取り合わせた料理の事”をいいます。赤貝、北寄貝(ほっきがい)、平貝、白海松貝(しろみるがい)の4種の貝と珍しいお野菜を使ったお洒落なサラダです。
お野菜のラインナップはロマネスコ・レッドオーク・デトロイト・バラフ・マーシュなど・・・・・・。普段なかなか味わえないものもございます!
お手前の鳴門山葵(なるとわさび)ドレッシングはわかめとすだち酢、千鳥酢、わさびや山菜などを混ぜて作った特製ドレッシングです。

このようにまた、ご滞在のお客様のメニューも工夫を凝らしてお待ちしております♪もうすぐで箱根の山々の新緑もきれいに芽吹きます。是非お越しくださいませ。

 

2017年 4月 19日(水)

口いっぱいに春ほおばって~4月八寸・合肴~

お献立, はつはなブログ

皆さまこんにちは、茅原です。
玄関前のソメイヨシノも桜吹きとなって、花びらが美しく散りゆきます。そして今はちょうど、はつはなのお向かいの山、湯坂山の山桜が満開になりました。

山桜

レストランから見える山桜の様子。山全体に濃淡様々な山桜が咲き乱れ、今が最高に美しい湯坂山です。すでにちらほら新緑も芽吹いてきたようです。

今回は4月の八寸と合肴を紹介いたします。
まずは八寸から。

八寸

お花見のようなウキウキとした八寸です。
枡の中には「ちらし寿司」です。春子(はるこ)鯛という本鯛の稚魚を使っています。名前の通りこの時期ならではのお魚で、大きさは手のひらサイズほど。ちいさな枡に可愛らしい、とのお声も頂いています♪
串に刺さっております「三色団子」はさつま芋とやまと芋を蜂蜜で練ったあま~いお団子で、「桜豆腐」は桜パウダーとくずで作ったもっちり、やわらかなお豆腐です。
お手前にございます「蕨烏賊(わらびいか)」はこの時期のはつはなの名物!山菜の蕨に見立てた烏賊で、青海苔と卵黄で外側には色味をつけており、中身は糸ウニです。

合肴

続いて合肴の「蒸篭(せいろ)蒸し桜の香り」です。
桜の葉に包んだ桜鯛袱紗包みは、蒸し上がるとまさに、桜の香りがたちこめます。桜鯛の身と人参、木耳などを卵と合わせて調理し“袱紗(ふくさ)”と呼んでいます。
この袱紗という言葉は二種類以上の食材を合わせるという意味や、やわらかいという意味で中に野菜などの具が入ることをさしたり、材料を包むことなどもさしています。
春のお野菜もたっぷり楽しめます。胡麻ポン酢と一緒に口いっぱいに頬張って下さい。

今年は花の開花に合わせて、6人の新入社員がはつはなに入社いたしました。
早く花を開かせて、はつはなの素敵な顔になってくれますように・・・・・・♪

 

ページの先頭へ