2011年 12月 5日(月)

箱根の駅伝でもおなじみの「函嶺洞門」

その他のお知らせ, 新着情報, 箱根湯本の自然


箱根を駆け上がる駅伝の6区「山登り」でもおなじみの函嶺洞門。
昭和5年の11月から施工が行われ、前回ご紹介させていただきました「旭日橋」と函嶺洞門はいずれも箱根の玄関口に位置する箱根湯本にございます。この函嶺洞門も来訪する欧米人を意識して中国の王宮をイメージしたデザインとなっているそうです。
今回の駅伝もここから熱いドラマが起こりそうですね。




ホテルはつはなでは、「人気ブログランキング」に参画いたしております。
皆さんにクリックしていただけると、我々ホテルスタッフも励みになります。

人気ブログランキングへ   人気ブログランキングへ   人気ブログランキングへ

全部押していただけるなんて・・・本当にありがとうございます。


2011年 12月 2日(金)

ホテルはつはな 売店 おすすめ商品 〜 箱根寄木細工 〜

新着情報, 施設情報

ロビーのフロント横にある売店。
ホテルオリジナル商品をはじめ箱根の名産品などを季節に合わせたラインナップを取り揃えております。
 
今回は、伝統工芸品「箱根寄木細工」をご紹介いたします。
 
伝統工芸品「箱根寄木細工」
● 箱根寄木細工とは・・・
箱根山系は、京都嵐山、鳥取の大山と並ぶ日本屈指の樹種豊富な地域。箱根寄木細工は、この恵まれた自然の樹木の豊かな色合いや風合いと木目を活かし、縞(シマ)、市松、紗綾型(サヤガタ)、麻の葉、マス、矢羽根、青海波(セイカイハ)など日本の伝統文様を木を寄せあわせて作り、特殊なカンナで薄くすいて(ズク)木箱などに貼り、製品にしたものです。
精緻な幾何学模様を伝承されてきた職人技で作り出す、他に類例をみない手作りの木工工芸品です。
 
江戸時代末期に畑宿地域で創始され、日本の伝統工芸品となった「箱根寄木細工」は、江戸時代から今もなお受け継がれ、国内では小田原と箱根でのみ生産されています。昭和59年5月に通産大臣(現 経済産業大臣)より伝統的工芸品と指定されています。
 
手順通りに動かさないと開けることができないパズル式の「秘密箱」や、種々の色相を持つ天然木材を用い絵画や図案を嵌めこんで表現する木画「木象嵌」、実用雑貨やインテリア家具や文具小物までの各種寄木細工がございます。
 
 
これらの「箱根寄木細工」は、箱根のお土産にはもちろん、特に外国の方へのプレゼントに喜ばれておりますので海外お土産にも最適です。
 
 
 
売店では、ホテルはつはなでしかかえない品々を取り揃えておりますので、お気軽にお立ち寄りください。
ホテルはつはな“おすすめ商品”を今後も紹介していきますので、お楽しみに!
 
 

2011年 12月 1日(木)

箱根湯本駅の紅葉情報~その2~

その他のお知らせ, 新着情報, 箱根湯本の自然

箱根湯本駅から見ます山々の紅葉状況は、緑色から黄や赤色に染まり変わりました。

本日から12月に入りまして、今年も残りわずかですが箱根湯本駅周辺は、秋の行楽、師走の忙しさに活気づいております。
一方、同じ箱根地区の元箱根、仙石原は、ここ数日寒い日が続いており、日中でも10℃を上回るのがやっとの天候のよう
です。

ホテルはつはなより標高が高い750メーター付近の観光施設を巡る際は、いつもより暖かい服装で廻ることをオススメいた
します。
冷えた体には、やはりはつはなの温泉はもちろん最高ですが、温か~いお飲み物が欲しくなりますね。



【冬のスープフェア】ミネストローネ/クラムチャウダー/各¥450
箱根湯本駅にあります箱根カフェではただ今「冬のスープフェア」を行っているそうです。特急ロマンスカー、電車の待ち時間にちょっと一息ついてはいかがでしょう。
箱根カフェはこちらから>>>小田急グループのホテルがプロデュース「箱根湯本の駅ナカ」カフェ!箱根カフェ




ちなみに一昨日、ホテルはつはなで撮影を行いました。
まだ詳しいお話は出来ませんが、この模様はまた改めてご報告させていただきます。














ホテルはつはなでは、「人気ブログランキング」に参画いたしております。クリックしていただけるだけでも、我々ホテルスタッフは励みになります。
人気ブログランキングへ   人気ブログランキングへ   人気ブログランキングへ
全部押していただけるなんて・・・本当にありがとうございます。

2011年 11月 28日(月)

箱根湯本の温泉を満喫!日帰りプランのご案内 〜12月分予約受付中〜

その他のお知らせ, 新着情報

日帰りで愉しむ“美人の湯”

■ 昼食+入浴+お部屋での休憩付きプラン
おすすめコース【ご利用時間/10:00~20:00】(1)10:00~11:00頃到着→大浴場へ(2)12:00~13:00→レストランにてご昼食(3)13:00~15:00→お部屋でひと休み(4)15:00~→再びお風呂へ(5)~20:00→ご出発ホテルはつはなでは、滞在時間は短いですが日帰りでも満喫できる、昼食+入浴+お部屋での休憩付きプランをご用意しております。
日帰りとはいえ、ホテルはつはなをご満喫いただけるプラン。
女性のお客様は、大浴場・女性専用スパ「やまざくら」にて、7つのお風呂がお愉しみいただけます。

■ ご利用料金 ■
1室2名様利用の場合/お一人様¥10,000
1室3名様以上の場合/お一人様¥8,000

プラン詳細・ご予約へ

■ 昼食+夕食+入浴+お部屋での休憩 0泊2食付き「日帰りプチ旅行」
おすすめコース【ご利用時間/10:00~20:00】(1)10:00~11:00頃到着→大浴場へ(2)12:00~13:00→レストランにてご昼食(3)13:00~15:00→お部屋でひと休み(4)15:00~→再びお風呂へ(5)~17:30→レストランにてご夕食(6)~20:00→ご出発ホテルはつはなでは、泊まれなくても温泉を満喫できる、昼食+夕食+入浴+お部屋での休憩がセットになった、0泊2食付きプランをご用意しております。
日帰りで楽しむ温泉の旅を存分にご堪能いただけるプラン。
女性のお客様は、大浴場・女性専用スパ「やまざくら」にて、7つのお風呂がお愉しみいただけます。

■ ご利用料金 ■
1室2名様利用の場合/お一人様¥17,500
1室3名様以上の場合/お一人様¥16,000

プラン詳細・ご予約へ

*ご利用いただける部屋数に限りがございます。
*計画停電につきましては、当面の需給見通しより、原則実施しないとの発表が東京電力からありました。しかし、需給逼迫が予想される場合には、予めお知らせした上で計画停電を実施することもあり得ます。その際には、ご利用時間を変更させていただく場合もございますので、ご理解の程、お願い申しあげます。


2011年 11月 24日(木)

箱根湯本駅の紅葉情報

新着情報, 施設情報, 箱根湯本の自然

箱根湯本の紅葉は順調に進んでおります。

これは、箱根新道からホテルはつはなへ向かうPM13:30頃の写真です。

箱根新道から見える湯坂山の景色です。深い緑から黄緑へと変わり始めました。

箱根町役場周辺から見る箱根湯本駅側の山々、15:30頃の写真です。コントラストがキレイです。

箱根カフェ横に横断デッキがあるのですが、ここから見る紅葉の景色は、夕暮れ時がオススメです。
この時間は帰宅の途へと向かう方々、ホテル、旅館へと向かう方々で箱根湯本駅は賑わっておりますが、皆さんここで足を止めて、箱根湯本の紅葉をここでも満喫されているようです。
ちなみに、

この赤い電車は新松田~箱根湯本間で運転されている小田急線でございます。この区間でしかお目にかかれない電車でございます。箱根の紅葉はまだまだ、この箱根湯本でご覧いただくことができます。


そして、7月から紹介しております箱根湯本駅のペデストリアンデッキです。完成にむけて建設中です。

この先端に階段がまだ無いのです、11月30日まで工事が続くようなのですが、いつ階段が掛かるのでしょうか。

7月1日分はこちら>>>「あじさいの花を横目に。」
8月1日分はこちら>>>「箱根湯本駅建設から1ヶ月後。」
9月22日分はこちら>>>「箱根湯本駅建設から2ヶ月後。」
10月20日分はこちら>>>「箱根湯本駅のペデストリアンデッキ完成まで、あと少し。」


ここで箱根カフェ スイーツショップより、お知らせです。

12月1日(木)より、季節の箱根ロール「チョコレート(チョコチップ入り)」が新発売されるそうです。白い生クリームと軽やかな甘さに仕上げたチョコレートクリームが絶妙だそうです。この冬限定の箱根ロールもお楽しみくださいとのことです。
箱根カフェ スイーツショップはこちらから>>>箱根カフェ スイーツショップ




ホテルはつはなでは、「人気ブログランキング」に参画いたしております。クリックしていただけるだけでも、我々ホテルスタッフは励みになります。
人気ブログランキングへ   人気ブログランキングへ   人気ブログランキングへ
全部押していただけるなんて・・・本当にありがとうございます。

ページの先頭へ