2013年 5月 20日(月)

5月下旬のJAL国内線ファーストクラス機内食は、ホテルはつはなのメニューをご堪能ください。

おすすめメニュー, その他のお知らせ

ホテルはつはなは、日本航空(JAL)、神奈川県、小田急電鉄による箱根地域の観光PRに連携した、“JAPAN PROJECT”に協力いたしております。
神奈川知事を囲んでの集合撮影会
その中でも、JAL国内線ファーストクラスの機内食の5月夕食メニューは、ホテルはつはな料理長 竹岡のプロデュースしたメニューが振る舞われております。
今回の5月下旬のメニューは、先月22日に“JAPAN PROJECT”の記者会見がホテルはつはなで執り行われました際に神奈川県知事にもお召し上がりいただいたメニューでございます。

この発表、メニューが出来上がるまでには、もうひとつ越えなければならないハードルがあったのです。
前回にご紹介させていただきました竹岡料理長の考案し味を確認したメニューを、今度はJALさんの機内食を担当される料理人が再現させるというプレゼンテーションがあったのです。
このプレゼンテーションが行われたのが3月中旬、竹岡料理長はホテルはつはなの営業をしながら、3月27日にオープンしました日帰り温泉施設「箱根湯寮」(はこねゆりょう) 内のレストラン「食事処 囲炉裏茶寮 八里」の準備も携わっていたのです。
この日帰り温泉施設「箱根湯寮」(はこねゆりょう)の料理長はホテルはつはなで副料理長を務めており、箱根湯寮の料理長として就任させるために竹岡料理長の指導のもとメニュー開発からキッチンスタッフへの指示の仕方と、オープンまでの限られた時間のなかで、忙しい日々を送っていた時でした。

プレゼンテーションを受けに羽田空港へ出向いたのですが、プレゼンテーションが行われる社内からは羽田空港の滑走路の離発着が臨めるほど近くにありました。この会社ではJALの国内線をはじめ、国際線の機内食を調理しており、また機内食だけではなく羽田空港内のラウンジの商品も携わっているそうです。

この日はJALの関係者、小田急電鉄、そして竹岡料理長とで上、中、下旬のメニューを確認、そして、味の確認も行われたのです。


並べられた上、中、下旬の料理ですが、ひとつ追加された同じ料理があります。
これは?というと、温めてお召し上がりいただく料理なのですが、羽田空港⇔大阪(伊丹)間は飛行時間が短いこともあり、この路線にも対応できるよう常温でも美味しくお召し上がりいただく料理が必要だったのです。もちろん、この味もチェックです。
まずは、料理の盛り付けから、

料理の盛り付けは高さを出すように盛り付けるとボリューム感、見た目が美味しく感じられます。
しかし、ここでは器の高さを越えてしまうと写真後方にありますカートに料理を収納することができなくなるため、限界があるのです。前回のプレゼンテーションの際に伝えられた指摘事項がこの一つです。
次に味はというと、高度一万メートル以上の上空で飛ぶ機内は乾燥し、味覚も鈍るというわれてこともあり、それに対応した見事な味付けでございました。
このようなハードルを潜り抜け、皆様にお召し上がりいただけるようになったのです。
5月下旬のメニューはというと、

温製料理の蓮根饅頭は、中に蟹や穴子、木耳(きくらげ)などの具をたっぷり入り、変化のある食感をお愉しみいただけます。また、クレソンに生ハムを巻いたものに洋の技法で使われるシャンパンを入れたソースをご用意。後味が爽やかで、竹岡料理長の世界観が垣間見れる一品でございます。
日本航空(JAL)国内線ファーストクラスをご利用の際は、ぜひ、ご賞味ください。
詳しくは、「明日の空へ、日本の翼」で検索してみてください。

【お問合わせ・ご予約】
ホテルはつはな
〒250-0313 神奈川県足柄下郡箱根町須雲川20-1
TEL. 0460-85-7321
http://www.odakyu-hotel.co.jp/hatsuhana/

ホテルはつはなおもてなしの心、これからも【ホテルはつはな】20周年

2013年 5月 12日(日)

JAL国内線ファーストクラスの機内食5月中旬メニューをどうぞ

おすすめメニュー, その他のお知らせ

ホテルはつはなは、日本航空(JAL)、神奈川県、小田急電鉄による箱根地域の観光PRで連携いたしております。その名も“JAPAN PROJECT”。

“JAPAN PROJECT”とは、前回ご紹介させていただきましたが改めて申し上げますと、2011年5月からJALの持つ機内誌・機内ビデオなどの媒体を通して「日本の素晴らしさ」をさまざまな角度から知っていただくため、各月ごとにPRする地域を設定し、集中的に発信するJALによる「地域活性化プロジェクト」です。

箱根PRの一環として、日本航空(JAL)国内線ファーストクラスの機内食(夕食帯)にホテルはつはなのプロデュースしたお料理が提供されております。
この機内食のプロデュースを任されるにあたり、準備が始まったのは、まだ吐く息が白く残る2月から始まっていたのです。

様々な料理を商品開発してきた竹岡料理長も今回の機内食プロデュースは初めてで、大変な苦労がありました。お料理の献立はもちろん、高度一万メートル以上の上空で飛ぶ機内は乾燥し、味覚も鈍ることから、ホテルはつはなの味がどこまで出せるのか。また、料理を作って機内に運ばれ、お客様への提供するまでの食品の安全性も求められるのです。
様々な難問をクリアできることを祈って、ホテルはつはな料理長 竹岡が考案したお料理をJALさんへプレゼンテーションがこの日、行われたのです。

竹岡料理長が作ったメニュー内容、味の確認はもちろん、料理法にいたるまで、竹岡料理長、ホテルはつはなの味に近づけられるよう熱心に確認されておりました。味は分かりますが、料理法とは?
食品アレルギー以外のアレルギー、例えばラテックスアレルギーにも対応されているそうで、きめ細かく確認されておりました。

そんな苦労もあり、この日は無事に終えることができ、次回は先方が作った試作料理を竹岡料理長が確認するといったスケジュールとなるわけですが、長くなるので次回、ご紹介させていただきます。

ここで5月中旬のメニューにおいては、箱根足柄産金太郎鱒油焼グリーンソース 敷きクスクスカレー風味(写真中央)は、竹岡料理長の培った経験からなるお料理で、魚介のスープをのばした香草のソースとクスクスと金太郎鱒を一緒にお召し上がりいただくと、いろいろな味わいがお愉しみいただけます。くわえて、五色素麺(写真右上)のお料理がございます。五色素麺とは、海老の赤、椎茸の黒、錦糸の黄、青葱の緑、そして素麺の白と色味の5色からなる素麺です。
日本航空(JAL)国内線ファーストクラスをご利用の際は、ぜひ、ご賞味ください。
詳しくは、「明日の空へ、日本の翼」で検索してみてください。

【お問合わせ・ご予約】
ホテルはつはな
〒250-0313 神奈川県足柄下郡箱根町須雲川20-1
TEL. 0460-85-7321
http://www.odakyu-hotel.co.jp/hatsuhana/

ホテルはつはなおもてなしの心、これからも【ホテルはつはな】20周年

2013年 5月 1日(水)

JALグループ地域コラボレーション企画“JAPAN PROJECT”5月は神奈川。そして、「箱根」です。

おすすめメニュー, その他のお知らせ

日本航空(JAL)、神奈川県、小田急電鉄による箱根地域の観光PRで連携いたしております。
その名も“JAPAN PROJECT”。
“JAPAN PROJECT”とは、2011年5月からJALの持つ機内誌・機内ビデオなどの媒体を通して
「日本の素晴らしさ」をさまざまな角度から知っていただくため、各月ごとにPRする地域を設定し、
集中的に発信するJALによる「地域活性化プロジェクト」です。

第25弾となる5月の「JAPAN PROJECT」は、神奈川県「箱根」ということになったのです。
今回のプロジェクトで、箱根の魅力を大々的に発信し、国内、国際観光需要の創出につなげ、
観光客誘致や地域物産のPRを目的として神奈川県の自治体・小田急電鉄の企業と連携して
誕生したのです。
そして、箱根PRの一環として、日本航空(JAL)国内線ファーストクラスの機内食(夕食帯)に
ホテルはつはなが選ばれ、竹岡料理長がプロデュースするメニューが誕生したのです。
そして、この“JAPAN PROJECT”の発表が4月22日にホテルはつはなにて、執り行われました。
この記者会見を行うにあたり、

JALの模型飛行機と、そして、

JALのファーストクラスのシート(座席)が運び込まれ、機内食も振舞われました。
会見では、今回のメニュー説明も竹岡料理長自ら行い、

緊張感が伝わる顔つきです。

会見、料理説明が終わり、キャビンアテンダント、ロマンスカーアテンダントも加わり、
皆で写真撮影。記者会見は無事終了いたしました。
翌日、新聞、テレビ、インターネットにも掲出され、注目の的となりました。

皆様もぜひJAL国内線ファーストクラス夕食帯に搭乗の際は、ホテルはつはな竹岡料理長が
プロデュースした機内食をご賞味ください。詳しくは、「明日の空へ、日本の翼」で検索して
みてください。

【お問合わせ・ご予約】
ホテルはつはな
〒250-0313 神奈川県足柄下郡箱根町須雲川20-1
TEL. 0460-85-7321
http://www.odakyu-hotel.co.jp/hatsuhana/

ホテルはつはなおもてなしの心、これからも【ホテルはつはな】20周年

2013年 4月 24日(水)

「箱根カフェ スイーツショップ」新商品が誕生。長壽卵を使用したチーズケーキ「箱根ふあとろチーズケーキ」

その他のお知らせ, 新着情報

平素より、箱根カフェ スイーツショップをご愛顧いただき、ありがとうございます。
箱根湯本駅改札内にあります箱根カフェ スイーツショップでは、2013年4月27日(土)から新しいスイーツを販売いたします。
そのスイーツは、「箱根ふあとろチーズケーキ」。
チーズケーキの口当たりの良さを求め、箱根ロール、箱根プリンでも用いたビタミン豊富で新鮮なこだわりの卵「長寿卵」を使用。口に入れた瞬間、ふあっとチーズが香る、しっとり軽いチーズケーキに仕上げております。
新たな「箱根のお土産」として、いかがでしょうか。

箱根ふあとろチーズケーキ

箱根ふあとろチーズケーキ 1ヶ 950円

箱根カフェ スイーツショップ

箱根カフェ スイーツショップ(箱根湯本駅 改札内)


箱根カフェ スイーツショップ(箱根湯本駅 改札内)
 
【営業時間】平日/10:00~18:00 土日祝日/9:00~18:00
 ※商品がなくなり次第閉店いたします。
 
【定休日】年中無休
【TEL】0460-85-8617
【住 所】神奈川県足柄下郡箱根町湯本707 箱根湯本駅改札内
 
【ホームページ】箱根カフェ スイーツショップ 公式ホームページはこちら

ホテルはつはな
〒250-0313 神奈川県足柄下郡箱根町須雲川20-1
TEL. 0460-85-7321
http://www.odakyu-hotel.co.jp/hatsuhana/

ホテルはつはなおもてなしの心、これからも【ホテルはつはな】20周年

2013年 4月 24日(水)

小田急グループホテル 箱根・芦ノ湖畔 山のホテル「つつじ・しゃくなげフェア2013」開催のお知らせ

その他のお知らせ

つつじ・しゃくなげフェア2013【2013年5月1日(水)〜5月下旬】
芦ノ湖、富士山を眺める45,000坪に及ぶ広大な庭園に、岩崎小彌太男爵が植えたつつじ・しゃくなげを小田急グループの「山のホテル」が受け継ぎ、長い歴史と共に今も皆様に見守られ続けております。
地形の起伏を利用して、ツツジは富士山に向かって駆け上るように、また芦ノ湖に向かって流れ込むように植えられ、まるで一幅の絵を見ているよう。約30種3,000株のツツジ、20種300株のシャクナゲが咲き誇る景色と男爵別邸竣工から100年が経った今も変わらぬ箱根・芦ノ湖の絶景をお愉しみいただけます。
 
ホテルはつはなでは、小田急グル-プホテルとのコラボレーション企画として今年も山のホテルつつじ鑑賞券をご用意し、ホテルはつはなの1泊夕・朝食付きプランを販売いたします。

◎【5月限定】山のホテルつつじ鑑賞券付きご宿泊プラン(1泊夕・朝食付き)

芦ノ湖畔にあるグループホテル『山のホテル』つつじ鑑賞券付きご宿泊プラン(1泊2食)

芦ノ湖畔にあるグループホテル『山のホテル』では、毎年5月に「つつじ・しゃくなげフェア」が開催され、大勢のつつじファンが訪れます。
約45,000坪の庭園に30種3,000株のツツジが色とりどりに咲き誇り、5月中旬頃からは、300株のシャクナゲが訪れる人を魅了します。

・『山のホテル つつじ・しゃくなげ庭園鑑賞券』をご人数分ご用意!
※開花状況により入園が無料の場合は、山のホテルオリジナルブックマークを差し上げます。

詳細・ご予約はこちら


【お問合わせ・ご予約】
ホテルはつはな
〒250-0313 神奈川県足柄下郡箱根町須雲川20-1
TEL. 0460-85-7321
http://www.odakyu-hotel.co.jp/hatsuhana/

ホテルはつはなおもてなしの心、これからも【ホテルはつはな】20周年

ページの先頭へ