2011年 8月 1日(月)

箱根湯本駅建設から1ヶ月後。

その他のお知らせ, 施設情報, 箱根湯本の自然

7月1日にご紹介いたしました箱根湯本駅はペデストリアンデッキ、
立体横断施設の建設ですが、着々と進んでおります。
この1ケ月の間に、こんなに。


7月1日現在 7月1日分はこちら>>>「あじさいの花を横目に。」



8月1日現在


パノラマで撮影してないので直角に曲がっているようですが、国道1号線に沿って真っ直ぐに建設されてます。

箱根湯本駅の改札を出まして左に曲がりますと、「箱根カフェ」がございます。箱根カフェの前を通りすぎますと、建設中の立体横断施設が。


完成イメージも貼りだされております。これが出来ることによって歩行者の安全、国道一号線の渋滞回避が見込まれそうです。看板には11月30日まで工事を行っている模様です。より利用しやすい、箱根湯本駅に期待したいです。


そんな中、箱根カフェでは、今年も夏季限定ドリンク「スムージー」を販売しているそうです。
厳選した有機栽培のコーヒー豆を使用した「コーヒーフロートのスムージー」と口当たり爽やかな、新発売の「パイナップルのスムージー」です。
冷たーいドリンクで夏の暑さを忘れさせてくれそうです。


写真左「パイナップルのスムージー」、写真右「コーヒーフロートのスムージー」共に¥550





2011年 7月 5日(火)

箱根湯本駅の今と昔

その他のお知らせ, 箱根湯本の自然

前回、箱根湯本駅のペデストリアンデッキ、立体横断施設を建設中というご案内いたしました。
今では電車、バス、タクシーと様々な交通手段で箱根を満喫することができますが、

この表示板によると、ここ箱根湯本は今から123年前、馬車鉄道となるものがあったそうです。
クリックしますと画像が大きくなります。

国府津駅(現在、東海道線)から湯本まで12.9kmを1時間20分ほどで走っていたようです。
(余談ですが、小田原に住んでいる私としては、ものすごい早いような気がします。)

この表示板がある場所は、箱根湯本駅の改札を出て左に曲がります。
箱根カフェの前を通って、立体横断を渡ります。

宮ノ下方面へ行きますと、滝通り温泉郷の看板を左に曲がります。

そうしますとホテル河鹿荘の入口付近にございます。
時代の流れを感じながら、歴史に触れる旅も、箱根の魅力のひとつではないでしょうか。



2011年 6月 24日(金)

箱根湯本の「あじさい」が見頃です。

その他のお知らせ, 箱根湯本の自然

箱根湯本駅から強羅駅へと向かう箱根登山鉄道沿いのあじさいは、現在このような状況です。
箱根湯本駅から強羅駅へ向かう箱根登山鉄道沿いのあじさい
箱根湯本駅から強羅駅へ向かう箱根登山鉄道沿いのあじさい
 
箱根ナビ
箱根湯本駅周辺は見頃を迎えております。
写真がこれしかなく申し訳ございません。
 
車出勤の途中で撮影をいたしましたが、
駐車場が少ないので苦労いたしました。
お越しの際は、公共の交通機関をおすすめいたします。
 
また、より箱根全体の開花状況を確認したい時は、
「箱根ナビ」をご覧ください。
 
<<< 箱根ナビ「あじさい開花情報」はこちら
 
 
箱根カフェ/あじさいパン
箱根湯本駅にある箱根カフェでは、この時期の風物詩「あじさい」にちなんで、
あじさいに見立てた「あじさいパン」を販売いたしております。
中の餡は、沖縄産のムラサキイモと梅シソを練りこんでおり、やさしい甘さの仕上がり。
箱根登山鉄道による「あじさい電車」に揺られながら、初夏の箱根旅を満喫してはいかがでしょう。
 
<<< ベーカリー&デリカテッセン「箱根カフェ」はこちら

2011年 6月 7日(火)

箱根湯本上空からの特別ゲスト。

施設情報, 箱根湯本の自然

ホテルはつはなの前には、須雲川という川が流れております。
小田急 ホテルはつはな(箱根・奥湯本)
お部屋の窓を開けますと川のせせらぎが心地好く耳に入ります。
スタンダードタイプのお部屋には、すべてバルコニーを設えており
ます。これから暑くなる季節は、自然の風を体いっぱいに浴び、
自然クーラーで実に健康的。心も体もリフレッシュできそうです。

そんななか、この須雲川をくだっていきますと、滝通り温泉郷という
箱根湯本温泉街に出てきます。

この帰雲洞という箇所で、特別ゲストが空から登場してきました。






・・・鳥です。何という名前の鳥かが分かりません。(涙)
調べるためにも手ブレせずに撮影しようと、
もう少し近づいてみました。
気づかれないようにそ—-っと。




あっ!!!!





飛んで行ってしまいました。私の気配だけではなく、
この横には車も通っていますから気づかれますよね。
今度はこそ、手ブレせずに撮影しようと、もう1回チャレンジしてみました。







残念、やっぱりダメでした。
やはり動物を撮影するのは難しいですね。
このように箱根湯本周辺にも、都会では見られない野生の動物
たちも見ることができます。
今度はどんな動物に出会えるでしょうか、またご紹介させていただきます。



情報までに、この滝通り温泉郷にございます、四季の宿 箱根路 開雲
(かいうん)はホテルはつはなと同グル-プの㈱小田急リゾ-ツが運営受託
しております。
東京都職員共済組合の保養所ですが、職員以外のお客様でもご利用いただけます。
詳しくは、四季の宿 箱根路 開雲のホ-ムペ-ジをご参照ください。
>>>四季の宿 箱根路 開雲のホ-ムペ-ジはこちらから



2011年 5月 25日(水)

箱根旧街道を彩るサツキたち。

箱根湯本の自然


芦ノ湖の元箱根港から旧街道経由の箱根登山バスをご利用いただくと、
「ホテルはつはな前」という停留所がございます。


ホテルはつはなの前の歩道にあるピンクのサツキが色鮮やかに開花しております。


写真におさめようとすると、太陽光、角度によっては赤色にも見えます。

ここは大抵のお客様が、ホテルに来た証しとして、ホテルはつはなの看板を背に
記念写真を撮られていきます。
写真撮影の依頼をいただき、ここでシャッタ-を切った瞬間、皆様の思い出の1枚に
刻まれたかと思うと自然と笑みが浮かびます。

ページの先頭へ