2013年 8月 30日(金)

女性専用スパ「やまざくら」秋のスパトリートメントメニューご案内

おすすめメニュー

女性専用スパ「やまざくら」】リラクゼーションサロン 秋のスパトリートメントコース

いつもホテルはつはなをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
ホテルはつはな リラクゼーションサロン、癒し処「ゆらり」では、秋のスパトリートメントメニューをご用意いたしております。温泉とスパトリートメントの相乗効果で、至福のひとときをお過ごしください。

温泉棟1F 女性専用スパ「やまざくら」内
営業時間/15:00〜23:00(予約制)
ご予約・お問合せはホテルまで TEL:0460-85-7321

ボディトリートメント

●はつはな秋の限定 “花の恵み”ヒーリング&トリートメント
秋は、夏の暑さや湿気、冷たいものの摂り過ぎによって蓄積した身体の疲労を癒す季節です。さくらんぼの種を使った温熱療法に加え、グレープフルーツ・ゼラニウム・ローズマリー・フェンネル・クラリセージのブレンドオイルで身体の活力を高めて、内側から疲れを癒していきます。【グレープフルーツ・ゼラニウム・ローズマリー・フェンネル・クラリセージ】

和み(70分)¥12,000

はつはな(100分)¥16,000

*その他、ボディ&フェイシャル・フェイシャルトリートメントメニューもご用意しております。

女性専用スパ「やまざくら」各種トリートメントコース >>>

【癒し処ゆらり】ご夫婦やカップルでご一緒に。 冬のトリートメントメニューをご用意いたしました。

温泉棟3F 癒し処「ゆらり」 営業時間15:00〜23:00(予約制)
ご予約・お問い合わせはホテルまで TEL:0460-85-7321

ペアメニュー

カップルやご夫婦でご利用いただけるペアメニュー。

ボディトリートメント(全身のオイルトリートメント)70分コース お二人で¥24,000

●男性にはメンズアロマボディ70分
男性用にブレンドしたさわやかですっきりとしたエッセンシャルオイルを使用して、全身をトリートメントいたします。セラピストの力強いストロークでストレスや筋肉の緊張をやわらげ、ゆったりとリラックスした気分で至福のひとときをお楽しみいただけます。

●女性には花の恵み70分【9/1からのメニュー内容です】
はつはな秋の限定 “花の恵み”ヒーリング&トリートメント
秋は、夏の暑さや湿気、冷たいものの摂り過ぎによって蓄積した身体の疲労を癒す季節です。さくらんぼの種を使った温熱療法に加え、グレープフルーツ・ゼラニウム・ローズマリー・フェンネル・クラリセージのブレンドオイルで身体の活力を高めて、内側から疲れを癒していきます。【グレープフルーツ・ゼラニウム・ローズマリー・フェンネル・クラリセージ】
 
*その他、ボディケア・リラクゼーションメニューもご用意しております。

癒し処「ゆらり」各種メニュー(男性・女性) >>>

【お問合わせ・ご予約】
ホテルはつはな
〒250-0313 神奈川県足柄下郡箱根町須雲川20-1
TEL. 0460-85-7321
http://www.odakyu-hotel.co.jp/hatsuhana/

ホテルはつはなおもてなしの心、これからも【ホテルはつはな】20周年

2013年 8月 19日(月)

【開業20周年秋季特別宿泊プラン】「松茸懐石プラン」で秋の味覚を堪能!

おすすめメニュー

【秋季限定】松茸懐石プランで秋の味覚を堪能!
 
秋の味覚“松茸”
旬の美味しい松茸を、存分に味わっていただける『秋の特別懐石』をご用意いたしました。
 
最初の松茸は「八寸」から。
そして、「土瓶蒸し」「焼き物」「ご飯」まで様々な調理方法の松茸をご堪能いただきます。
 
中でも土鍋で炊く締めの「炊き込みご飯」は絶品です。熱々の湯気とともに松茸の香りが広がります。
 
秋の実りがもたらす贅沢な味わいと、秋ならではの豊かな香り。
レストランの目の前に広がる湯坂山から少しずつ秋の気配を感じながら、
この時期だけの「特選 松茸懐石」をお愉しみください。
 

【秋季限定】1泊夕・朝食付き宿泊プラン「特選松茸懐石」
 
期間:2013年9月1日(日)〜10月31日(木)※除外日:9/9〜9/12
 
1室4名様ご利用 お一人様 ¥29,000〜
1室2名様ご利用 お一人様 ¥34,000〜
 
※このプランは3日前までのご予約となっております。

 

詳細・ご予約はこちら

 

【お問合わせ・ご予約】
ホテルはつはな
〒250-0313 神奈川県足柄下郡箱根町須雲川20-1
TEL. 0460-85-7321
http://www.odakyu-hotel.co.jp/hatsuhana/

ホテルはつはなおもてなしの心、これからも【ホテルはつはな】20周年

2013年 8月 9日(金)

“箱根スイーツコレクション2013秋” 9月1日よりスタート!

おすすめメニュー

 

【箱根スイーツコレクション2013秋】2013.9.1.sun-11.10.sun

今回で第12回を迎える、箱根エリアのホテルや美術館、飲食店などのシェフやパティシエ、和菓子職人が腕をふるう、創作スイーツ・コレクション「箱根スイーツコレクション2013秋」。
9月1日(日)~11月10日(日)の約2ヶ月限定で開催いたします!
 
小田急 ホテルはつはなをはじめ、小田急 山のホテル ラウンジ、プレミアムショップ&サロン・ド・テ ロザージュ、御殿場プレミアムアウトレット カフェ&レストラン ロザージュ小田急 箱根ハイランドホテル、箱根カフェ、ポーラ美術館 レストラン「アレイ」、星の王子さまミュージアム レストラン「ル・プチ・プランス」と、当社8つの施設が参画いたします。
 
創作テーマは「富士山スイーツ」。
眺めて、食べて、元気になれる秋のスイーツの祭典をぜひお楽しみください。



 
【麗峰富士の四季】単品1,200円(ルイボスティー付)

春の富士山をイメージした「牛乳豆腐」 夏の富士山をイメージした「チーズケーキ」 秋の富士山をイメージした「さつまいもと抹茶のようかん」 冬の富士山をイメージした「白胡麻風味 牛乳豆腐」
春の富士山をイメージした
「牛乳豆腐」
夏の富士山をイメージした
「チーズケーキ」
秋の富士山をイメージした
「さつまいもと抹茶のようかん」
冬の富士山をイメージした
「白胡麻風味 牛乳豆腐」

 
 

ホテルはつはな「つつじの茶屋」

天井まで伸びる大型の窓一面よりの四季折々の湯坂山の壮大なパノラマがお迎えする、日本料理「つつじの茶屋」では、景色とともにテーブルに咲き誇るような華やかな懐石料理が、ゆったりと落ち着いた和の空間でお愉しみいただけます。
 
【ランチタイム】11:30〜14:00
(箱根スイーツ提供時間)
設備の修繕に伴う、9月9日(月)~9月12日(木)休館のお知らせ
 
小田急 ホテルはつはな「つつじの茶屋」 >>>

 

 
 

【twitter】小田急リゾーツ スイーツ部のツイッター
http://twitter.com/resorts_sweets

また、当社では8つの施設が参画する“箱根スイ-ツコレクション”を応援するため、スイ-ツ部を発足しております。
現地の旬の情報をツイッターでつぶやいていきますので、お気軽にフォローをよろしくお願いいたします。

2013年 7月 6日(土)

今が旬!小田原アジの姿造りをどうぞ

おすすめメニュー

小田原アジの漁場は相模湾。
黒潮の支流が流れ込む豊かな海で、全国でも屈指の漁場として有名です。
そこで獲れるアジは、銀色に輝く姿も美しく、身も引き締まり、その美味しさは格別のもの。小田原のアジは、今まさに旬を迎えており、はつはなでは小田原早川漁港より、毎朝水揚げされた新鮮なものを仕入れて、お客様にご提供しています。
 
小田原は、海から近い位置に箱根や丹沢などの山々があり、ミネラル豊富な水が酒匂川や早川などから相模湾に流れ込んでいる好漁場です。
その相模湾は、駿河湾や富山湾と共に日本三大深湾のひとつで、小田原のすぐ沖には水深1000メートル以上の深さまで急な斜面が続いています。そして、深い層の海水には豊かな栄養が含まれています。
森から海に運ばれる栄養と、深い層の海水が含む栄養。それらが混ざり合うことで、小田原の漁場に豊富なプランクトンが生息し、おいしい魚が育つようです。
 
あしらいあしらい
このアジをより良く美しく見せるために華を添えるのは、“あしらい”でございます。
色々な“あしらい”を作ることで我々、料理人の腕が試されます。
今回は夏を感じていただけるようニンジンを“金魚”に見立てた“あしらい”にし、飾ってみました。
 
小田原アジの姿造り
旬を迎え、脂がのった旨味たっぷりの小田原アジを、はつはな自慢の懐石料理とともに、ぜひご賞味ください。
7/19までとなりますので、ご予約はどうぞお早めに。
 
和食料理担当 松本秀晴
 

【期間限定】今が旬!小田原アジの姿造り付きご宿泊プラン

詳細・ご予約はこちら

ホテルはつはな
〒250-0313 神奈川県足柄下郡箱根町須雲川20-1
TEL. 0460-85-7321
http://www.odakyu-hotel.co.jp/hatsuhana/

ホテルはつはなおもてなしの心、これからも【ホテルはつはな】20周年

 
 

2013年 6月 17日(月)

懐石料理で現した「箱根の梅雨」

おすすめメニュー

今回は、6月の「はつはな懐石」の前菜 八寸を紹介させていただきます。今月は、「箱根の梅雨」をイメージした内容でご用意しています。
 
まずはこちらから、切子のグラスに入った「海月(くらげ)酢」。
海月(くらげ)酢
これは、海月の酢浸しです。コリコリとした食感をお愉しみいただける一品です。
 
傘の下にある2つ並んでいる四角いものは、「雲丹(うに)真丈」。
雲丹(うに)真丈
雲丹を混ぜ込んだ真丈です。雲丹のまろやかな風味が口の中に広がります。
 
そして、こちらが、「温燻五穀米押し寿司」。
温燻五穀米押し寿司
五穀米を使った押し寿司にスモークサーモンを乗せて、トッピングはバジルを使って少々洋風に仕上げています。
 
こちらがその左手には、「唐墨(からすみ)菓子」。
唐墨(からすみ)菓子
“菓子”とありますが、歴とした前菜です。今回、特にお勧めしたい一品です。
生地は、唐墨と卵、小麦粉などを混ぜて焼いたものなので一見ケーキのようですが、唐墨の塩加減とプチプチとした食感があります。上にかかっているソースは、唐墨パウダーと蜂蜜を混ぜたもの。ソースは甘いので“菓子”感はありますが、生地には塩気があるので、お酒との相性は抜群です。日本酒はもとより、白ワインとも合います。
是非、ソースをかけていない部分だけでもご賞味ください。二度楽しめる一品となっております。
 
左下にあるのは、「新じゃが海老味噌揚げ」。
新じゃが海老味噌揚げ
新じゃがを使ったコロッケで、中には海老を使ったソースを練りこんでいます。
 
手前中央にあるのは、「鮴(ごり)踊り煮」。
ゴリ踊り煮の画像
鮴は、ハゼ科の淡水魚ですが、これを甘露煮にしています。この鮴は、川底にへばり付くように生息するため、漁をする際には網が川底を削るように、力を込めて引く必要があります。抵抗があるところを強引に推し進める意味の“ごり押し”の語源となっている説もあるようです。
 
そして、右下にあるのが「百合根紫陽花見立て」。
百合根紫陽花見立て
百合根のまんじゅうの周りを青く染めた寒天でコーティングしています。紫陽花のようでもあり、梅雨の雨の雫のようでもある、目でも楽しめる一品です。
 
これらのものを角の盆に盛付けたものがこちら、
八寸
「八寸」です。
紫陽花や傘を使って、見た目で季節を感じていただけるよう、この八寸をご用意いたしております。
 
ホテルはつはなのご夕食は、この八寸以外にも季節・旬を感じていただけるようなメニューをご用意しており、毎月内容を変えております。なかには、毎月のようにお越しいただいているお客様もいらっしゃいます。
箱根の季節を感じに、ホテルはつはなにぜひ足をお運びください。
 
※仕入れ状況により、料理内容が変わる場合がございます。
 
和食料理担当 松本秀晴
 

ホテルはつはな
〒250-0313 神奈川県足柄下郡箱根町須雲川20-1
TEL. 0460-85-7321
http://www.odakyu-hotel.co.jp/hatsuhana/

ホテルはつはなおもてなしの心、これからも【ホテルはつはな】20周年

ページの先頭へ