2012年 1月 7日(土)

2012年も「昇龍の如く」邁進して参ります。

施設情報, 箱根湯本の自然

旧年中は、大変多くの皆様に「ホテルはつはな」のホームページをご覧いただき、
そして多くのお客様にご来館いただき、誠にありがとうございます。
本年も「昇竜の如く」邁進して参りますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

さて、気付きましたら、年を越してしまい、久しぶりにこの「はつはなだより」のアップとなってしまいました。
上記の写真は、ホテルはつはなの毎年恒例となっております「大凧」でございます。
この作品は、ホテルの施設管理をしております「技術スタッフ」を中心に、12月より毎日コツコツと
作り上げたものでございます。今年も天候に左右されない、ホテルのロビーを高く飛んでおりました。




そして、こちらも新春にお見目する「門松」。ホテルスタッフ共々、玄関で多くのお客様をお出迎えいたしました。
今日、1月7日は、五節句のひとつでもある「人日」(じんじつ)ですね。人日とは、文字通り “人の日” の意味。
古来、中国 前漢の時代、東方朔が記した占いの書には、正月1日に鶏、2日に狗、3日に羊、4日に猪、5日に牛、6日に馬、7日に人、8日に穀を占ってその日が晴天ならば吉、雨天ならば凶の兆しであるとされていたそうです。この7日の人日には邪気を祓うために、七草の入った粥を食べ、一年の無事を祈ったのだともいわれております。
日本では平安時代から始められ、江戸時代より一般に定着し、江戸幕府の公式行事となり、将軍以下全ての武士が七種粥を食べて人日の節句を祝ったようで、現在は1月1日から行なわれる様々な新年行事がひと段落ついたころ、この日は七草粥を食べる日として知られていますね。現代の私たちにとっても、1月7日に食べる七草粥は、お正月の食べすぎ、飲みすぎで(私だけかもしれませんが)疲れた胃をやさしくいたわる、理にかなった食べ物かもしれませんね。


今回も最後までご覧いただき、ありがとうございます。ホテルはつはなでは、「人気ブログランキング」に参画いたしております。
今年も熱いドラマがありました、東京箱根間を走った大学駅伝選手の応援と同様、皆さんにクリックしていただけると、我々ホテルスタッフも励みになります。
人気ブログランキングへ   人気ブログランキングへ   人気ブログランキングへ

全部押していただけるなんて・・・本当にありがとうございます。

ページの先頭へ