2011年 11月 11日(金)

ホテルはつはな 売店 おすすめ商品 〜 小田原漆器〜

新着情報, 施設情報

ロビーのフロント横にある売店。
ホテルオリジナル商品をはじめ箱根の名産品などを季節に合わせたラインナップを取り揃えております。
 
今回は、伝統工芸品「小田原漆器」(漆・うつわ・ギャラリー 石川)をご紹介いたします。
 
伝統工芸品「小田原漆器」(漆・うつわ・ギャラリー 石川)
● 小田原漆器とは・・・
平安時代、文徳天皇の第一皇子、惟喬親王と親王を奉るロクロ集団が今の小田原市早川のあたりに住み、箱根・相模の豊富な木材を利用して器を作ったのが始まりとされています。
室町時代後期、北条氏の加護のもと“塗り”の技術も向上し、漆器の産地として確立されてきました。
当時、作られた日本史上の名椀『芹椀』は、北条一族の菩提寺である「早雲寺(箱根湯本)」に所蔵されております。江戸時代以降、庶民の生活用具として東海道宿の土産品として重宝され、昭和59年には『伝統的工芸品』として国の認定を受けております。
 
小田原漆器は、国産・欅(けやき)の木を主に利用しており、材質が強固で、ゆがみが少なく、木目が美しく、椀・盆など最適な素材です。素材を生かすため、木目が透けて見えてくる摺り漆塗り、木地呂漆塗りが代表です。
 
 
 
● 漆・うつわ・ギャラリー 工房 石川
明治二十年、小田原漆器の製造販売店として石川漆器を起業。
創業以来、どの商品も原木から製品まで一貫して作っており、国産の材要にこわだり、安心・安全を心がけ、伝統の技法で頑固に作り続けている品に加え、塗り・デザインにも新しい意匠をこらし、暮らしの器として広くご利用いただける品を作っています。
 
<<< 漆・うつわ・ギャラリー 工房 石川 ホームページはこちら
 
 
 
売店では、ホテルはつはなでしかかえない品々を取り揃えておりますので、お気軽にお立ち寄りください。
ホテルはつはな“おすすめ商品”を今後も紹介していきますので、お楽しみに!
 
 



人気ブログランキングに参画いたしております。美味しそう、泊まりたいと思いましたら、クリックしていただけるだけでも、我々ホテルスタッフは励みになります。
人気ブログランキングへ   人気ブログランキングへ   人気ブログランキングへ
全部押していただけるなんて・・・本当にありがとうございます。



ページの先頭へ