2011年 8月 27日(土)

メディア・マスコミ各社の皆様へ、秋のリリースのご案内

その他のお知らせ

ホテルはつはなで、心身ともにリフレッシュする箱根旅をお愉しみください。
 
今年の夏は、猛暑、天候・気温の落差、節電への取組みなどにより、疲労感が絶えずあったという方も多いのではないでしょうか。
 
温泉で夏の疲れを癒し、美味しい旬の味覚を使った華やかな懐石料理を堪能・・・。
お部屋からは、窓一面に広がる湯坂山の景色に癒されます。
ホテルはつはなで、心身ともにリフレッシュする箱根旅をお愉しみください。
 

【オンライン予約】ご宿泊プラン一覧はこちら

■メディア・マスコミ各社の皆様へ

新聞、雑誌、テレビ等を通じてより多くの皆様に「ホテルはつはな」の良さをお伝えできるよう、
秋のリリ-スをご用意いたしております。
今回の秋リリースは、絆を深める「家族のおもひで」と9、10月限定!松茸づくしの秋の味覚懐石プランの宿泊プラン新発売の内容です。
この機会に宜しくお願い申し上げます。
 
<<<「小田急 ホテルはつはな Autumn news 2011.9 - 2011.11」(PDF 328KB)

プレスリリースはこちら




2011年 8月 27日(土)

女性専用スパ「やまざくら」秋のスパトリートメントメニュー

おすすめメニュー, 施設情報

リラクゼーションサロン - 秋のスパトリートメントのご案内
 

温泉棟1F 女性専用スパ「やまざくら」内 営業時間15:00〜23:00(予約制)
ご予約・お問合せはホテルまで TEL:0460-85-7321

 
ボディトリートメント
 
●はつはな 秋の限定“花の恵み”ヒーリング&トリートメント
木漏れ日の穏やかな日差しの秋が始まります。気温差や気圧の影響でストレスの溜まった身体をバジル・ベルガモット・ヒノキのオータムブレンドでエネルギーバランスを整え、じっくりと温めながら、ストレスフリーな心地よいくつろぎの時間へと導いていきます。
 
和み(70分)¥12,000
 
はつはな(100分)¥16,000
 
【秋のおもてなし】ジンジャーレモネード
トリートメント後には、体を温める効果の高いジンジャーとビタミンたっぷりのレモネードで夏のストレスをリセット。
 
 
フェイシャルトリートメント
 
秋はお肌にとってとても過ごしやすい季節です。オールハンドのトリートメントでハリとたっぷりな保湿で潤いを与えながら、気温の低下や乾燥からお肌を守り、しっとりとしたキメ細やかな肌への変化を感じていただきます。
 
【秋の限定】彩り(60分)¥10,000
 
フェイシャルの基本となるトリートメントです。お肌にハリと潤いをあたえ、生き生きとした素肌を取り戻します。
 
【コース内容】クレンジング → 角質ケア → オイルマッサージ → ホワイトパック → デコルテ(胸部)と背部のオイルマッサージ → フェイスマスク → 美容液のトリートメント → 仕上げマッサージ
 
【秋の限定】麗らか(80分)¥12,000
 
生き生きとした素肌づくりとともに、アンチエイジング(老化防止)を目指します。28の表情筋をセラピストの手によってリフトアップしていくスペシャルなトリートメントです。
※彩り-irodori-コースにミネラルパックを加えた内容となります。
 
【秋のおもてなし】ジンジャーレモネード
トリートメント後には、体を温める効果の高いジンジャーとビタミンたっぷりのレモネードで夏のストレスをリセット。
 


その他、各種トリートメントコースはこちら >>>

 

癒し処「ゆらり」秋メニューのご案内

温泉棟3F 癒し処「ゆらり」 営業時間15:00〜23:00(予約制)
ご予約・お問い合わせはホテルまで TEL:0460-85-7321

 
 
 
ペアメニュー
カップルやご夫婦でご利用いただけるペアメニュー。
 
ボディトリートメント(全身のオイルトリートメント)70分コース お二人で¥24,000
 
●男性にはメンズアロマボディ70分
男性用にブレンドしたさわやかですっきりとしたエッセンシャルオイルを使用して、全身をトリートメントいたします。セラピストの力強いストロークでストレスや筋肉の緊張をやわらげ、ゆったりとリラックスした気分で至福のひとときをお楽しみいただけます。
 
●女性には花の恵み70分
木漏れ日の穏やかな日差しの秋が始まります。気温差や気圧の影響でストレスの溜まった身体をバジル・ベルガモット・ヒノキのオータムブレンドでエネルギーバランスを整え、じっくりと温めながら、ストレスフリーな心地よいくつろぎの時間へと導いていきます。
 


 
その他、ボディケア・リラクゼーションメニューもご用意しております。

その他、各種メニュー(男性・女性)はこちら >>>

ページの先頭へ