2011年 7月 5日(火)

箱根湯本駅の今と昔

その他のお知らせ, 箱根湯本の自然

前回、箱根湯本駅のペデストリアンデッキ、立体横断施設を建設中というご案内いたしました。
今では電車、バス、タクシーと様々な交通手段で箱根を満喫することができますが、

この表示板によると、ここ箱根湯本は今から123年前、馬車鉄道となるものがあったそうです。
クリックしますと画像が大きくなります。

国府津駅(現在、東海道線)から湯本まで12.9kmを1時間20分ほどで走っていたようです。
(余談ですが、小田原に住んでいる私としては、ものすごい早いような気がします。)

この表示板がある場所は、箱根湯本駅の改札を出て左に曲がります。
箱根カフェの前を通って、立体横断を渡ります。

宮ノ下方面へ行きますと、滝通り温泉郷の看板を左に曲がります。

そうしますとホテル河鹿荘の入口付近にございます。
時代の流れを感じながら、歴史に触れる旅も、箱根の魅力のひとつではないでしょうか。



ページの先頭へ